ブログトップ

河童の徒然なるままに

カテゴリ:犬山城( 1 )

2012.12.08 紅葉の国宝名城巡り 【犬山城】

   
f0140087_18331282.jpg




木曽川沿いの高さ約88メートルほどの丘に築かれた平山城である。別名、白帝城は木曽川沿いの丘上にある城の佇まいを長江流域の丘上にある白帝城を詠った李白の詩「早發白帝城」(早に白帝城を発す)にちなんで荻生徂徠が命名したと伝えられる。



f0140087_1834351.jpg




f0140087_18354518.jpg

f0140087_18361270.jpg





f0140087_1837422.jpg



f0140087_18384118.jpg



f0140087_1839929.jpg


f0140087_18395835.jpg



前身となる砦を織田信長の叔父である信康が改修して築いたものを石川貞清(光吉)が改修し現在のような形となった。この際の建築用材は金山城の建物の一切を解体移築したという「金山越」の伝承がある。江戸時代には尾張藩の付家老が入城し、成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城とした。現存する天守が建てられた年代については天文期説、慶長期説などがあるが、現在のような姿となったのは成瀬正成が改修した1617年(元和3年)ごろである。近年まで、城主であった成瀬家が個人所有する文化財であったが、現在は財団法人に譲渡されている。


鉄門 (本丸門)

f0140087_18404538.jpg


天守閣

f0140087_18432762.jpg


f0140087_18434443.jpg




天守閣内部

f0140087_1847814.jpg


f0140087_18463790.jpg


f0140087_18484561.jpg


f0140087_1849275.jpg


f0140087_18505542.jpg


f0140087_18515296.jpg



f0140087_18524330.jpg


f0140087_1853174.jpg




天守閣からの眺め

f0140087_18552575.jpg


f0140087_18553088.jpg


f0140087_18555757.jpg


f0140087_18564481.jpg


f0140087_1857264.jpg


f0140087_18574384.jpg


f0140087_18584453.jpg


f0140087_190211.jpg


f0140087_1905775.jpg




f0140087_1912010.jpg


f0140087_1914482.jpg


f0140087_192465.jpg




犬山城の天守は外観3重、内部は4階、地下に踊場を含む2階が付く。天守南面と西面に平屋の付櫓が付属する複合式で、入母屋2重2階の建物の上に3間×4間の望楼部を載せた望楼型天守である。地階1・2階出入口を含めて、総延面積は698.775平方メートルに達する。天守台石垣は野面積という積み方で、高さは5メートルある。天守の高さは19メートルある。


f0140087_1942553.jpg


f0140087_1944723.jpg



別名    白帝城
城郭構造  平山城
天守構造  複合式望楼型 3層4階地下2階(1620年改)
築城主   織田広近
築城年   1469年(文明元年)
主な改修者 織田信康
主な城主  成瀬氏、織田氏
廃城年  1871年(明治4年)
遺構   現存天守、石垣、土塁
指定文化財
国宝(天守)
再建造物  櫓、門(模擬)

(資料:wikipediaより引用)

More 2012.12.08 犬山城後記。
by kappa-999 | 2012-12-08 19:50 | 犬山城

つれづれに浮世の憂さを戯言に                                        彼岸に渡るまでの暇つぶしと気晴らしのブログ