ブログトップ

河童の徒然なるままに

カテゴリ:金沢城( 3 )

2011.07.23 金沢城 「石垣・掘」

   
f0140087_128646.jpg


f0140087_1282523.jpg




f0140087_128514.jpg


f0140087_129544.jpg


石垣とお堀。

f0140087_1292284.jpg

f0140087_1293686.jpg

f0140087_1294872.jpg



f0140087_1301618.jpg

f0140087_1303173.jpg



通称 尾山城、金城
城郭構造 梯郭式平山城
天守構造 不明(1592年築)
御三階櫓(1593年築)
築城主 佐久間盛政
築城年 天正8年(1580年)
主な改修者 前田利家・利長
主な城主 佐久間氏、前田氏
廃城年 明治4年(1871年)
遺構 長屋・門、石垣、土塁、堀
移築能舞台
指定文化財 国の重要文化財(石川門、三十間長屋、鶴丸倉庫)、史跡
再建造物 菱櫓・橋詰門・橋詰門続櫓・五十間長屋       (wikipediaより)





2011.07.23 金沢城後記 

構造物とはいえ、なまこ壁、白壁と屋根瓦のコントラストがいい。さすが加賀百万石の城である。

金沢の地は、結婚した年に訪れたことがある。もう40年も前のこと。
ほとんど記憶に残っていない生まれ故郷だが、彼岸に渡る前にもう一度訪れたいと思っていた。

もし、この地で育っていたら私の人生も変わった形になっていただろう。
人生とは偶然の産物なのかもしれない。
    
    
   
   
by kappa-999 | 2011-07-23 01:37 | 金沢城

2011.07.22 金沢城 「菱櫓・五十軒長屋・橋爪門續櫓」

  
金沢城は加賀一向一揆の拠点で浄土真宗の寺院である「尾山御坊(おやまごぼう、または御山御坊)」であった。寺とはいうものの大坂の石山本願寺(大坂御坊)と同じく石垣を廻らした城ともよべる要塞でもあった。織田信長が一揆を攻め落とし、跡地に金沢城を築いて佐久間盛政を置いた。後に盛政が賤ヶ岳の戦いで羽柴秀吉により滅ぼされ、秀吉は金沢城を前田利家に与えた。利家は文禄元年(1592年)から改修工事を始め、曲輪や堀の拡張、5重の天守や櫓を建て並べた。兼六園は、加賀藩4代藩主前田綱紀が金沢城に付属してつくらせた大名庭園である。



f0140087_2156218.jpg


f0140087_21563931.jpg




橋爪門と續櫓

f0140087_223964.jpg


f0140087_2158758.jpg


f0140087_21582182.jpg


f0140087_21583361.jpg


f0140087_2232854.jpg


f0140087_21584813.jpg




菱 櫓

f0140087_2211354.jpg


f0140087_2212564.jpg


f0140087_2214262.jpg


f0140087_2215661.jpg



河北門

f0140087_2254273.jpg



三十間長屋

f0140087_2263620.jpg

   
   
  
by kappa-999 | 2011-07-22 22:07 | 金沢城

2011.07.22 金沢城 「石川門」

    
金沢平野のほぼ中央を流れる犀川と浅野川とに挟まれた小立野台地の先端に築かれた、戦国時代から江戸時代にかけての梯郭式の平山城である(かつて「尾山」と呼ばれたのもこの地形に因む)。櫓や門に見られる、白漆喰の壁にせん瓦を施した海鼠(なまこ)壁と屋根に白い鉛瓦が葺かれた外観、櫓1重目や塀に付けられた唐破風や入母屋破風の出窓は、金沢城の建築の特徴である。



f0140087_2345336.jpg

                                         ↑ クリックで拡大


f0140087_23452155.jpg


f0140087_23453415.jpg


f0140087_23454999.jpg


f0140087_2346772.jpg


f0140087_23463070.jpg


f0140087_23464635.jpg


f0140087_2347546.jpg


f0140087_23471766.jpg


f0140087_23473133.jpg


f0140087_2348135.jpg






2011.07.22 金沢城後記

金沢城には、陸軍騎兵大尉の頃の叔父が所属した陸軍第9師団が置かれていた(戦後、金沢大学の敷地になり現在の金沢城公園になっている)。
叔父は、陸軍騎兵連隊長(大佐)として満州に、その後、南方に転進。昭和19年8月18日時刻不明 西部ニューギニア・タンホル島で玉砕。

金沢には、軍施設がありながら空襲にあわなかった唯一の都市。そのために昔ながらの街並みが残り、小京都として人気のある観光スポットになっている。



      
 
by kappa-999 | 2011-07-22 00:23 | 金沢城

つれづれに浮世の憂さを戯言に                                        彼岸に渡るまでの暇つぶしと気晴らしのブログ