ブログトップ

徒然に浮世の憂さを戯言に (河童の徒然なるままに)

カテゴリ:二条城( 3 )

2009.08.07 二条城 (その他建物)       

    
f0140087_15381028.jpg



本丸跡を出て時計回りに


f0140087_15383266.jpg

f0140087_15384825.jpg

f0140087_1539259.jpg

f0140087_15391626.jpg

f0140087_15393067.jpg
f0140087_15394288.jpg

f0140087_15401937.jpg

f0140087_15404858.jpg

f0140087_154149.jpg



鳴子門(手前)・桃山門(奥)


f0140087_15434555.jpg



北大手門


f0140087_15421084.jpg

f0140087_1545997.jpg

f0140087_15452155.jpg

f0140087_15454071.jpg

f0140087_15463681.jpg

f0140087_15464958.jpg

f0140087_15474886.jpg

f0140087_1548583.jpg



5本の定規筋の入った筋塀(築地塀)


f0140087_15491421.jpg


f0140087_1549292.jpg

f0140087_17341179.jpg

f0140087_1549491.jpg

f0140087_15512399.jpg




いたるところに竹で柵が設けられ、立ち入り禁止の多い城。パンフレットにも記載がなく、
何の建物かも分からない不親切な名所。



More  東大手門の門扉
by kappa-999 | 2009-08-07 15:58 | 二条城

2009.08.06 二条城 (本丸跡)      

      

f0140087_1332563.jpg


桃山門

f0140087_133482.jpg




二条城本丸跡

f0140087_136513.jpg

f0140087_1362984.jpg

f0140087_1364351.jpg
f0140087_1365825.jpg



天守閣跡と天守閣跡からの眺め

f0140087_138353.jpg

f0140087_1382079.jpg

f0140087_1385122.jpg

f0140087_1391013.jpg

f0140087_1392582.jpg



f0140087_1394341.jpg

f0140087_1310112.jpg

f0140087_13102034.jpg


More 本丸御殿
by kappa-999 | 2009-08-06 13:16 | 二条城

2009.08.05 二条城 (二の丸御殿)    

               

f0140087_20407.jpg

                                                                                   
徳川家康の将軍宣下と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終焉の場所でもある。
縄張の形式は本丸の四方を二の丸で取り囲む「輪郭式」に分類されるが、本
丸が中央より西寄りに配されている。本丸は約150メートル四方のほぼ正方形であり、本丸と二の丸
の間には内堀が二の丸の周りは外堀が造られている。

二の丸は本丸の北と南にある仕切門によって東西に分かれている(この西側部分を「西の丸」と呼ぶ
資料もある)。家康による創建時は現在の二の丸東側部分が本丸であり、本丸のみで構成される「単
郭式」であった。大手門前の広場と堀川通を隔てて堀川が流れているが、総郭とまでは言えないもの
の第一防御線として想定されていた可能性はある。

二条城の敷地は、現在の京都市街にもほぼ受け継がれている平安京の町割りに対して約3度の傾き
がある。これは、宣教師によって日本にもたらされた磁石を普請の際に用いたためである。

将軍滞在の城としては規模も小さく防御能力に問題がありそうだが、家臣の疑問に対し家康は「一日二
日も持ちこたえれば周辺から援軍が来る」「万が一この城が敵の手に落ちたら堅城だと取り返すのに手
間がかかる」と答えたと伝えられる。 (w1kipediaより引用)


f0140087_20182883.jpg

                                                                    
f0140087_2020451.jpg



東隅櫓

 
f0140087_2021336.jpg

                                                       
f0140087_20212521.jpg



f0140087_20225589.jpg


f0140087_20234528.jpg

f0140087_2024024.jpg

f0140087_20241998.jpg

f0140087_20243353.jpg

f0140087_2024488.jpg



城内より東大手門 左側の建物は番所


f0140087_20255370.jpg

f0140087_20265327.jpg

                                                                   


二の丸御殿


f0140087_20285121.jpg

f0140087_2029887.jpg

f0140087_20292252.jpg

f0140087_20294364.jpg

f0140087_20295967.jpg

f0140087_20301775.jpg


左より「大広間」、「式台」、「遠侍」


f0140087_20312358.jpg

f0140087_20313626.jpg



「黒書院」


f0140087_203156100.jpg



「白書院」


f0140087_20321388.jpg

f0140087_20323877.jpg




城跡というより徳川家の居館という感じでロマンを感じる城跡ではないが、好きな城の一つ。
修復中のためか、御殿内は雑然とした倉庫に入ったようで、狩野探幽の襖絵も泣いていた。

年々観光化していく京都に余り魅力を感じなくなっている。
どこへいっても人、人、人。
路面電車が走り、落着いた雰囲気だった頃の京都が懐かしい。

  


by kappa-999 | 2009-08-05 20:33 | 二条城

つれづれに浮世の憂さを戯言に                                        彼岸に渡るまでの暇つぶしと気晴らしのブログ