ブログトップ

徒然に浮世の憂さを戯言に (河童の徒然なるままに)

カテゴリ:高知城( 4 )

2008.04.03 高知城 ④     

     

f0140087_0361080.jpg



高知城の石垣


f0140087_044019.jpg

f0140087_0441736.jpg

f0140087_0473881.jpg

f0140087_0475721.jpg



f0140087_0484552.jpg

f0140087_0485955.jpg



f0140087_0504491.jpg

f0140087_0505929.jpg


                                               

More  高知城の桜と山内一豊・千代像
by kappa-999 | 2008-04-03 00:01 | 高知城

2008.04.03 高知城 ③      

       

f0140087_23571864.jpg




歴史・沿革

南北朝時代
南朝方に付いた豪族・大高坂松王丸が、この地(大高坂山)に城を構え、大高坂山城と称した。
延元3年(1338年):後醍醐天皇の第七子・満良親王を迎える。
興国2年(1341年):松王丸は北朝方の細川禅定、佐伯経定と戦い落城。廃城となる。

安土桃山時代
長宗我部元親が、豊臣秀吉より土佐国一国を安堵され、秀吉に従軍して九州遠征の後、天正15年(1587年)にこの地に築城した。
天正19年(1591年):元親は、僅3年で水はけの悪い大高坂山城を捨てて、桂浜に近い浦戸に浦戸城を建設した。

江戸時代
慶長6年(1601年):関ヶ原の戦いにおいて元親の子・盛親は西軍に与して改易された。代わって、山内一豊が掛川城から転入し、土佐国一国24万2千石を与えられ、浦戸城に入った。
慶長6年(1601年)8月:浦戸は城下町を開くには狭いため、百々綱家(どど つないえ)を総奉行に任じ、翌月より大高坂山に本丸の造営と、城下町の整備の為に鏡川・江の口川など川の治水工事に着手した。
慶長8年(1603年):本丸と二の丸が完成。一豊は9月26日(旧暦8月21日)に入城した。この際に、真如寺の僧・在川(ざいせん)により、河中山城(こうちやまじょう)と改名された。
慶長15年(1610年):洪水が相次いだため、第二代藩主・山内忠義は河中の名を忌み嫌い、竹林寺の僧・空鏡(くうきょう)によって高智山城と改名した。この時より、後に城の名は省略されて高知城と呼ばれるようになり、都市名も高知と呼称されるようになった。
慶長16年(1611年):三の丸が竣工し、ここに高知城の縄張りが完成した。
享保12年(1727年):高知城下は大火にみまわれ、城は追手門以外の殆どが焼失した。
享保14年(1729年):第八代藩主・山内豊敷は、深尾帯刀(ふかお たてわき)を普請奉行に任じ、城の再建に着手。
寛延元年(1748年):天守ほか櫓・門などが完成。天守は小振りとなったが焼失前と酷似した外観が保たれた。
宝暦3年(1753年):再建完了、現在見られる建造物の大半は、この時に再建された物である。

近現代
明治6年(1873年):廃城令に伴い、高知公園となる。この際に、現存建造物以外の建造物が破却された。
昭和9年(1934年):天守など15棟の建造物が国宝保存法に基づく国宝(現行法の重要文化財に相当)に指定される。
昭和25年(1950年):天守等15棟は文化財保護法の施行により重要文化財となる。
昭和34年(1959年)6月18日:国の史跡に指定された。
平成18年(2006年)4月6日、日本100名城(84番)に選定され、平成19年(2007年)6月から全国規模の日本100名城スタンプラリーが開始された。 (Wikipediaより引用)



f0140087_005440.jpg

f0140087_011581.jpg




詰 門


f0140087_013040.jpg
                 
f0140087_0213711.jpg





東多門と西多門


f0140087_07544.jpg

f0140087_072862.jpg





黒鉄門


f0140087_094788.jpg

f0140087_010530.jpg



f0140087_0122234.jpg

f0140087_0124123.jpg

f0140087_0141725.jpg





梅の段


f0140087_0143515.jpg





高知城 ① 高知城 ② 高知城 ③ 高知城 ④
        
      
     
by kappa-999 | 2008-04-03 00:00 | 高知城

2008.04.02 高知城 ②      

         

f0140087_1525322.jpg




関ヶ原戦の功績により徳川家康から土佐一国を拝領した山内一豊は、慶長6年(1601年)大高坂山に新城の築城工事を始め、慶長8年(1603年)に城の大部分が完成、入城しました。
享保12年(1727年)城下町の大火で追手門以外の城郭のほとんどを焼失しましたが、宝暦3年(1753年)までに創建当時の姿のまま再建されました。
その後は、自然災害や明治維新による全国的な廃城の嵐、太平洋戦争など幾度となく襲った危機を乗り越え、「南海道随一の名城」と呼ばれる優美な姿を残しています。
平成15年には、築城400年、再建から250年を数え、本物の城の持つ偉容が訪れる人々を今日も歴史のロマンに誘っています。     (高知城公式HPより引用)




f0140087_15264814.jpg

f0140087_1527116.jpg

f0140087_15272943.jpg




懐徳館の内部


f0140087_15284545.jpg

                                左より奥へ家老溜間、中老溜間、平侍溜間
f0140087_15294517.jpg

f0140087_15303713.jpg




本丸正殿


f0140087_15313689.jpg

f0140087_15315257.jpg





天守閣内部


f0140087_15331619.jpg

f0140087_15333092.jpg


More   天守閣からの眺め。
by kappa-999 | 2008-04-02 00:01 | 高知城

2008.04.02 高知城 ①       

      

高知城の歴史



f0140087_14262896.jpg





城郭の形式は梯郭式平山城。高知平野のほぼ中心に位置し、鏡川と江の口川を外堀として利用している。現在見られる城は、江戸時代初期に、土佐藩初代藩主・山内一豊によって着工され、第二代藩主・山内忠義の時代に完成した。四層五階からなる天守は、一豊の前任地・掛川城の天守を模したと言われている。

明治6年(1873年)に発布された廃城令や、第二次大戦による空襲を逃れ、天守・御殿・追手門など15棟の建造物が現存し、国の重要文化財に指定されている。なお、昭和25年(1950年)の文化財保護法施行以前には、これらの建造物が「国宝」と呼ばれていたことから、「国宝」という名称に郷愁やこだわりを持つ向きも少なくないが、旧・国宝保存法における「国宝」は文化財保護法における「重要文化財」と同等のものであり、国宝から重要文化財に「格下げ」されたわけではない。また、この15棟の現存建造物に加えて、丑寅櫓の一部であると伝わる部材が存在し、土佐山内家宝物資料館に収蔵されている。

高知城全域は高知公園として開放されており、本丸御殿・天守は懐徳館として資料館(要入場料)となっている。高知城の周辺には、高知市役所、高知県庁、地方裁判所、地方検察庁などの行政機関や司法機関が立ち並び高知県の行政の中心地となっている(県庁舎のみ実質的には公園内にある)。また、城内には山内一豊、板垣退助の銅像がある。  (Wikipediaより引用)



f0140087_14474352.gif
                                                             高知城公式HPより



追手門


f0140087_14481366.jpg

f0140087_1541320.jpg

f0140087_1448498.jpg

f0140087_14491324.jpg

f0140087_14493917.jpg

f0140087_14495560.jpg
 



              
                                        

More  天守閣
by kappa-999 | 2008-04-02 00:00 | 高知城

つれづれに浮世の憂さを戯言に                                        彼岸に渡るまでの暇つぶしと気晴らしのブログ