カテゴリ:四国霊場八十八所( 22 )

2016.12.28 5回目の四国八十八ヵ所霊場巡り


閏年に1番札所「霊山寺」と88番札所「大窪寺」を逆うちすれば、
88ヶ所全部を回ったことになる簡便な四国巡礼の方法があるのを知ってから、
4年毎に、88番から1番へ逆うちする巡礼をしている。
これで5回巡礼したことになる(うち2回は正式の巡礼)。

10:00過ぎに出発、途中休憩を入れて帰宅したのが15:30頃。
今年、始めての長距離ドライブ。



f0140087_20482366.jpg






四国八十八ヵ所霊場88番札所「大窪寺」


f0140087_21393670.jpg


山 門

f0140087_19394568.jpg


f0140087_21125875.jpg


f0140087_19402677.jpg



本堂と阿弥陀堂

f0140087_1941347.jpg


f0140087_19414485.jpg


f0140087_1942021.jpg


f0140087_2112839.jpg


不動明王

f0140087_19475864.jpg


f0140087_1950855.jpg


f0140087_1949573.jpg





2012.12.18 4回目の四国八十八ヵ所霊場巡り(1)
http://kappakawat.exblog.jp/18268269/




四国八十八ヵ所霊場1番札所「霊山寺」


f0140087_21401287.jpg



迎春準備中の仁王門

f0140087_19562421.jpg



本 堂

f0140087_19564282.jpg


f0140087_2021976.jpg


f0140087_1959018.jpg



多宝塔

f0140087_19581473.jpg



太子堂

f0140087_2024367.jpg



2012.12.18 4回目の四国八十八ヵ所霊場巡り(2)
http://kappakawat.exblog.jp/18268969/



f0140087_20494660.jpg




2回目の巡礼で作った四国霊場八十八寺朱印掛軸

f0140087_21212156.jpg





More 本日の昼食
by kappa-999 | 2016-12-29 21:07 | 四国霊場八十八所

2013.06.25 「源内」でうどんを食べた帰りに志度寺へ


「源内」のうどんが食べたくなったのでドライブ。

その帰途に立ち寄った十数年ぶりの「志度寺」。




f0140087_21185815.jpg


f0140087_211937100.jpg


f0140087_21194180.jpg


f0140087_2120885.jpg


f0140087_21201223.jpg


f0140087_2134556.jpg


f0140087_21381081.jpg




弘法大師お手植えの楠だという。
ボランティアの人に教えてもらわなければ気が付かなかった。


f0140087_2124362.jpg




 仁王門の左右の仁王様

f0140087_2126151.jpg



    アジサイが綺麗に咲いていた。

f0140087_21261435.jpg




f0140087_21293214.jpg



   ご先祖様が仕えた大名。生駒家は1640年の生駒騒動により改易。
弓の名手だったというご先祖様は失業することに。
運のない大名家に仕えたものだ。

志度寺海女の墓(香川県さぬき市) 86番札所・志度寺母の愛伝える「伝説」

f0140087_21295445.jpg




f0140087_2145895.jpg




ボランティアの人より御接待を受ける。飴が入っていた。
黒い袋はお孫さんが作ったという。ティシュとチョコスナックが入っていた。


f0140087_21285549.jpg


f0140087_21291224.jpg






More 志度寺後記。
by kappa-999 | 2013-06-25 00:00 | 四国霊場八十八所

2012.12.18 4回目の四国八十八ヵ所霊場巡り(2)



     山 門

f0140087_152191.jpg



     太子堂

f0140087_1524528.jpg


     本 堂

f0140087_1525814.jpg


f0140087_1531315.jpg



f0140087_154196.jpg



     多宝塔

f0140087_1544388.jpg



   山門の仁王像

f0140087_1553215.jpg


f0140087_1554755.jpg



   巡礼装束

f0140087_156417.jpg



f0140087_1565886.jpg




2008.03.05 四国霊場第一番  霊山寺



                                                                                                            (2012.12.16)

   
by kappa-999 | 2012-12-18 15:12 | 四国霊場八十八所

2012.12.18 4回目の四国八十八ヵ所霊場巡り(1)


八十八ヵ所すべてを参らなくても、
閏年に八十八番札所「大窪寺」と一番札所「霊山寺」を”逆うち”すれば、
八十八か所すべて回ったことになる簡便な方法がある。

最初の巡礼で納経帳を作り、二回目のお参りでは掛軸を作る。
三回目は逆うちで白衣に朱印をもらいたいのだが、気力が湧いてこないので、
2008年に続いて今年もこの簡易な方法で八十八ヵ所のお参りをする。


     山門

f0140087_8574115.jpg


     本堂と阿弥陀堂

f0140087_9112227.jpg


f0140087_95631.jpg


f0140087_8582917.jpg


     弘法太子像

f0140087_8563011.jpg



     山門の仁王像と龍の彫刻

f0140087_923069.jpg

f0140087_9224960.jpg



f0140087_9232832.jpg

f0140087_9231995.jpg



2008.03.06 四国霊場第八十八番  大窪寺
                                                                                                       

More 2012.12.18 本日の昼食
by kappa-999 | 2012-12-18 09:50 | 四国霊場八十八所

2012.03.16 厄払い。


混雑するのがいやなので、毎年この時期に厄払いをする。厄払いで有名な薬王寺だが、この時期にはお遍路さんの姿も少なく、閑散としている。

    
f0140087_21172012.jpg


f0140087_2117394.jpg


f0140087_21175195.jpg



     梅も盛りを過ぎほころび始めている。

f0140087_2118312.jpg



由岐・日和佐(美波町)間は自動車道が開通しており、20分ほど時間が短縮され、1時間10分で着く。



2008.01.17 四国霊場第二十三番 薬王寺 




by kappa-999 | 2012-03-16 21:30 | 四国霊場八十八所

2011.08.09 お盆なので。

    
  四国霊場八十八寺朱印掛軸



f0140087_14581369.jpg


f0140087_9405455.jpg



         2回目の八十八所参りで作った掛軸。
    
       

  
   
by kappa-999 | 2011-08-09 15:04 | 四国霊場八十八所

2010.12.02 熊谷寺の紅葉    



f0140087_20574727.jpg

f0140087_2058135.jpg

f0140087_20581880.jpg

f0140087_20584118.jpg

f0140087_20585498.jpg

f0140087_2059828.jpg

f0140087_20592396.jpg

f0140087_205940100.jpg

f0140087_20595593.jpg




もう終わりかけていた八番札所の紅葉。8月30日に左肩を手術をしたために紅葉狩りに
行けなかったが、八番札所で思いがけず晩秋の風景を満喫することができた。

 

f0140087_03211.jpg
    
    
    
by kappa-999 | 2010-12-02 21:00 | 四国霊場八十八所

2010.12.02 四国霊場第八番 熊谷寺    

 
熊谷寺(くまだにじ)は徳島県阿波市土成町土成にある高野山真言宗の寺院
四国八十八箇所霊場の第八番札所。普明山真光院と号する。

       本尊は千手観世音菩薩。

       本尊真言:おん ばさら たらま きりく

       ご詠歌:薪とり 水くま谷の 寺に来て 難行するも 後の世のため



f0140087_1852492.jpg



寺伝によれば、弘仁6年(815年)空海(弘法大師)がこの付近で修行をしていた際、
熊野権現が現れて1寸8分(約5.5cm)の金の観音像を授けた。そこで堂宇を建立し、
一刀三礼して霊木に等身大の千手観世音菩薩を刻んでその胎内に授けられた観音
像を収めて本尊としたという。  (wikipedia参照)



仁王門

f0140087_18524868.jpg

f0140087_1853930.jpg


f0140087_221546.jpg



多宝塔

f0140087_1859346.jpg



f0140087_18592162.jpg

f0140087_18594058.jpg



中 門

f0140087_18595375.jpg


中門の多聞天と中門の持国天

f0140087_2345371.jpg



本 堂

f0140087_1942364.jpg

f0140087_1951233.jpg



太子堂

f0140087_198564.jpg



鐘 楼

f0140087_199659.jpg



納経帳
30数年前に最初のお参りでもらった朱印

f0140087_1995890.jpg

                        



ハンドルの上部まで腕が上がるようになったので半年ぶりにドライブをかねてお参りをす
る。久しぶりのドライブで気分も晴れる。

来年は、リハビリが終り体調さえよければ、67年間生かされた御礼に西国三十三寺参り
を始めようと思っている。
     
    
    
by kappa-999 | 2010-12-02 19:27 | 四国霊場八十八所

2010.06.05 四国霊場第七番 「十楽寺」    


    
十楽寺(じゅうらくじ)は徳島県阿波市土成町高尾にある高野山真言宗の寺院。
四国八十八箇所霊場の第七番札所。光明山蓮華院と号する。本尊は阿弥陀如来。


        本尊真言:おん あみりた ていぜい からうん

        ご詠歌:人間の 八苦を早く 離れなば 到らんかたは 九品十楽



山門(鐘楼門)



f0140087_3234925.jpg




寺伝によれば、空海(弘法大師)がこの地に逗留した際に阿弥陀如来を感得し、楠にその像を刻み本尊として
祀ったとされる。当初は現在地よりおよそ3km離れた十楽寺谷の堂ヶ原に堂宇を建立したものと推定されて
いる。

阿波北部でも有数の広大な七堂伽藍を有していたが、天正10年(1582年)に長宗我部元親の兵火によりす
べてが焼失、しかし本尊のみは住職が背負って逃げたため無事であった。寛永12年(1635年)に現在地で
再建された。



中 門 (遍照殿)


f0140087_3275485.jpg


f0140087_3344526.jpg

上層は愛染堂として愛染明王が安置されている


本 堂


f0140087_3285149.jpg


f0140087_329471.jpg



太子堂


f0140087_330086.jpg



f0140087_3301823.jpg




納経帳


f0140087_3361213.jpg





30数年前と15年ほど前に88ヵ所参りをしたjのだが、お寺も修復されたり、駐車場も完備し、道路が各段によ
くなり道路標識もあり参拝がしやすくなった。当時と違うのは、宿坊が完備したお寺や巡礼宿が多くなっこと、
巡礼がブームとなり観光化したことだろうか。観光バスでの巡礼と「自分探しの旅」なのか「歩き遍路」が多くな
った。

この納経帳は最初に巡礼した時のもの。2回目の時は納経帳と掛け軸に法印をもらった。
     
    
    
by kappa-999 | 2010-06-05 03:43 | 四国霊場八十八所

2010.06.04 四国霊場第六番 【安楽寺】    


安楽寺(あんらくじ)は徳島県板野郡上板町にある高野山真言宗の寺院。四国八十八箇所霊場
の第六番札所。温泉山(おんせんざん)瑠璃光院(るりこういん)と号する。本尊は薬師如来。宿
坊のラジウム鉱泉入りの薬湯も有名である。



           本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか
           ご詠歌:  かりの世に 知行争う むやくなり 安楽国の 守護をのぞめよ



f0140087_2350939.jpg




寺伝によれば弘仁6年(815年)に現在地よりおよそ2km離れた安楽寺谷に、空海(弘法大師)
が堂宇を建立し薬師如来を刻んで本尊としたという。
天正年間(1573年 - 1592年)に長宗我部元親の兵火により焼失。万治年間(1658年 - 166
1年)に駅路寺であった瑞運寺を併合して現在地に再建される。




山門(仁王門)


f0140087_23513470.jpg


f0140087_2351479.jpg




多宝塔>


f0140087_23521277.jpg




本 殿


f0140087_2353032.jpg


f0140087_23531343.jpg




太子堂


f0140087_23541489.jpg




方 丈



f0140087_2354361.jpg


f0140087_2354538.jpg



納経帳


f0140087_23552716.jpg




f0140087_23555755.jpg




f0140087_23561117.jpg

   
   
   
by kappa-999 | 2010-06-04 00:00 | 四国霊場八十八所

つれづれに浮世の憂さを戯言に                                        彼岸に渡るまでの暇つぶしと気晴らしのブログ          


by 河童
プロフィールを見る