<   2016年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光」 (『真宗聖典』)     



f0140087_5555983.gif


「青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光」
『仏説阿弥陀経』 (『真宗聖典』p.126)
出所:http://www.otani.ac.jp/yomu_page/kotoba/nab3mq0000000kxh.html

 
f0140087_20330478.jpg
阿弥陀仏(鎌倉)





竜安寺の「吾唯足知(吾れ唯足るを知る)」の蹲

「知足のものは貧しといえども富めり、不知足のものは富めりといえども貧し」という禅の格言を
謎解き風に図案化したもの。



f0140087_12161788.jpg

出所:竜安寺の画像検索結果

記憶に間違いがなければ方丈庭園の北東にあり、渡り廊下の角にあったと思う。
学生時代には渡り廊下から奥に入れたが、娘の卒業式の時に訪れたときには廊下の手前に竹の棒で柵がしてあり、
奥に入れなくなっていた。今もそうだろうか?


足るを知って分に安んずる(知足安分)





歴史がどう変化しようが、正しいことは正しい、間違っているものは、間違っているという、根本的な価値判断が、どっかへ行っちゃった。  ( 丸山真男)                               



 人間の一生は地獄でして、寸善尺魔、とは、まったく本当のことでございますね。
一寸の仕合せには一尺の魔物がついてまいります。人間三百六十五日、何の心配の無い日が、一日、いや半日あったら、それは仕合せな人間です。 (太宰治:ヴィヨンの妻)



災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候。
死ぬ時節には、死ぬがよく候。
是ハこれ災難をのがるる妙法にて候。  (良寛)



この秋は雨か嵐かしらねども、今日のつとめに田草取るなり  (二宮尊徳)





(彼らが最初共産主義者を攻撃したとき)

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は共産主義者ではなかったから

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった
私は社会民主主義ではなかったから

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は労働組合員ではなかったから

そして、彼らが私を攻撃したとき
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった    (マルティン・ニーメラー)





by kappa-999 | 2016-12-31 23:59 | 青色青光 

2016.12.28 5回目の四国八十八ヵ所霊場巡り


閏年に1番札所「霊山寺」と88番札所「大窪寺」を逆うちすれば、
88ヶ所全部を回ったことになる簡便な四国巡礼の方法があるのを知ってから、
4年毎に、88番から1番へ逆うちする巡礼をしている。
これで5回巡礼したことになる(うち2回は正式の巡礼)。

10:00過ぎに出発、途中休憩を入れて帰宅したのが15:30頃。
今年、始めての長距離ドライブ。



f0140087_20482366.jpg






四国八十八ヵ所霊場88番札所「大窪寺」


f0140087_21393670.jpg


山 門

f0140087_19394568.jpg


f0140087_21125875.jpg


f0140087_19402677.jpg



本堂と阿弥陀堂

f0140087_1941347.jpg


f0140087_19414485.jpg


f0140087_1942021.jpg


f0140087_2112839.jpg


不動明王

f0140087_19475864.jpg


f0140087_1950855.jpg


f0140087_1949573.jpg





2012.12.18 4回目の四国八十八ヵ所霊場巡り(1)
http://kappakawat.exblog.jp/18268269/




四国八十八ヵ所霊場1番札所「霊山寺」


f0140087_21401287.jpg



迎春準備中の仁王門

f0140087_19562421.jpg



本 堂

f0140087_19564282.jpg


f0140087_2021976.jpg


f0140087_1959018.jpg



多宝塔

f0140087_19581473.jpg



太子堂

f0140087_2024367.jpg



2012.12.18 4回目の四国八十八ヵ所霊場巡り(2)
http://kappakawat.exblog.jp/18268969/



f0140087_20494660.jpg




2回目の巡礼で作った四国霊場八十八寺朱印掛軸

f0140087_21212156.jpg





More 本日の昼食
by kappa-999 | 2016-12-29 21:07 | 四国霊場八十八所

2016.12.27 10年ぶりのレコード芸術。


ラシックスを飲み始めてから2週間になる。
入院前から飲み始めていたので、5日ほど飲んだ時点で3キロほど体重が減る。
ただ、身体から水分が抜けただけだが。

トイレに行く回数が通常に戻っているので、そろそろ薬が効かなくなったようである。
体重も62キロで頭打ち。
結構、副作用のある薬なので、飲むのを中止して様子を見ることにする。

この薬、ドクターがいうにはダイエットに使えるらしい。
グーグルで調べると確かにダイエットのために需要があるらしい。

手に入れるためには医者の処方箋がいるので、輸入するらしいが
副作用がでたらどうするのだろうか。


f0140087_196208.jpg



10年ぶりになるだろうか、「レコード芸術」を購入する。
廃刊になった音楽雑誌が多い中で、まだこの雑誌は残っていた。
1000円だったのが1800円になっている。

この雑誌の購読を止めた頃から、だんだんとCDを聴かなくなっていったし、
レコード芸術の中で紹介される新譜を買っていたのだが、それもなくなった。
ひどい時は月に十数枚買うこともあったのだが、熱が冷めるのも早い。

CDラックの中には、まだ未開封のCDもあり、もったいない話である。
CDプレーヤーも買換えるし、忘れてしまっている曲も多いし、
彼岸に渡るまでに、CDラックにあるCDを聴き終えることにする。
新譜も増やしていこうと思う。


お気に入りのソフアーの上ででくつろぐ「はるか」

f0140087_19331614.jpg


f0140087_19333135.jpg




by kappa-999 | 2016-12-27 19:25

2016.12.26 シクラメンと水仙と「はるか」


シクラメン

花言葉は、「内気」「はにかみ」「遠慮がち」「疑いを持つ」「絆」


f0140087_22232578.jpg



久しぶりにカメラを持って庭に出る。
咲く花も少なく、殺風景な庭に彩りを添えるガーデン・シクラメンと水仙を撮る。


ガーデン・シクラメン

f0140087_22234610.jpg


f0140087_22241967.jpg



水 仙

花言葉は、「うぬぼれ」「自己愛」「エゴイズム」


f0140087_22245292.jpg


f0140087_2225386.jpg




庭に出ると、必ず一緒についてくる”はるか”。
いつも閉め出されているのに出てくる。

通り過ぎる車の音にチョッと驚く。


f0140087_2227674.jpg


f0140087_22251732.jpg


f0140087_22434214.jpg



by kappa-999 | 2016-12-26 22:42

2016.12.25 孫とゆめタウンへ。


孫にクリスマス・プレゼントを買うために、娘夫婦たちとゆめタウンに行く。
お昼過ぎだったのでヒト、ヒト、ヒトで混雑。
孫の目的のリカチャン人形と洋服のセット購入する。

私は、脊柱管狭窄症の痛みで長距離を歩けないので、車椅子でモール内の店を回る。
車椅子が置かれており、障害を持つ者でもショッピングができるのがいい。

昼食時でレストラン・食堂は満員。
トンカツ屋が、まだ比較的に空いているようだったので順番待ちをする。

イベリコ豚のトンカツ定食と単品の牡蠣フライを注文。
何で、キャベツと豚カツが合うのだろうか。


f0140087_22595418.jpg


f0140087_230882.jpg


f0140087_2301934.jpg


久しぶりの外出の疲れと、痛み止めのリリカ25mgを飲んだのとで、
帰宅したら眠くて仕方なく、テレビを見ながら転寝をしてしまった。


腰にロキソニンテープを貼り、コルセットを巻き、痛みどめの薬を飲んで
万全の態勢?で臨んだのだが、痛みは和らぐ程度。
齢も齢だし、手術も出来ない。002.gif002.gif



by kappa-999 | 2016-12-25 23:21 | 平凡な暮らし

2016.12.24 自分へのクリスマス・プレゼント


CDを認識できなくなってきたCDプレーヤー。
まだ暫くはもつとは思うのだが、耐用年数以上に利用しているし、
そろそろ限界にきている。
f0140087_22423468.jpg

今のCDプレーヤーはSACDが聴けないので、
思い切ってマランツのUSB-DAC/SACD/CDプレーヤーに買換えることにした。
アンプも買換えたいが、これは、まだもつだろう。
自分へのクリスマス・プレゼントのつもりで。



M循環器科を受診するが、
K病院からの入院検査の結果を知らせる診療情報は届いていなかった。

初めて前立腺がんの検査を受けたが、1.92<4.0で異常なし。

心不全を数値で表すNT-proBNPは1215 
BNP換算では202.5(6で割る)で、心配する数値ではないらしい(9月はBNP:453.2)。

f0140087_234816.gif

画像出所:http://www.asas.or.jp/jhfs/topics/bnp201300403.html

* BNPやNT-proBNPを上昇させる因子として注意が必要なのが、年齢と腎機能だ。高齢になると、また、BNPは腎から排泄されるため腎機能が低下すると、高値を示すようになる。特に、NT-proBPは腎排泄にほぼ依存しているため、その傾向がより顕著となる。


6月のeGFR58.8が49.3に低下。
クレアチニンの数値が悪くなっているので当然か。
9月からクレアチニンが上昇しているのが気になるが、何が原因か?



by kappa-999 | 2016-12-24 23:29

2016.12.23 ラシックスが効いている。


ラシックスを飲み始めてから3キロほど体重は減った(水分が3キロ排出されただけだが)ためだろう、
息苦しさとその後に起こっていた胸痛の頻度が少なくなってきている。


快晴だが、台風並みの風が吹く。夕方にはおさまる。

久しぶりにマルナカへ買物にでる。
3階の駐車場からエレベターで一階へ降りATMへ。
ATMから20mほど歩いた頃から軽い胸痛が起こりだし(息苦しさはなし)、ニトロを飲む。

この後は胸痛も起こらず、ホームカミングデーで上京した時に悩まされた息苦しさもなく買物を続けられた。
(ただ脊柱管狭窄症の痛みからは解放されない)

3キロの水分の排出で心不全が劇的とは言えないが改善されている。
体重増加が心不全の一因なのだろ。
これからは、食事制限をし、ダイエットを心掛けて心不全を改善していかなければならない。


*心不全とは、心臓の機能が低下している状態の総称をいい、「病名」ではなく「状態」を指す言葉。
*心不全は不可逆的で治らない。


CDラックを掃除していたらバッハの「クリスマス・オラトリオ」を見つける。
マタイ受難曲、ヨハネ受難曲、ミサ曲ロ短調とともに
バッハの4大宗教曲の一つだが、明日12/24に聴こうと思っている。


f0140087_2257457.jpg

f0140087_22571647.jpg

(リヒター指揮でのクリスマス・オラトリオを聴きたいと思いながら買いそびれてしまっている)


大晦日はマタイ受難曲を、クリスマスにはクリスマス・オラトリオを聴く習慣にしていたのだが、
クラッシックを聴くには相当の忍耐力を要するので、齢をとるにつれて聴かなくなり、齢とともにこの習慣もなくしていた。

このクリスマス・オラトリオもCD3枚だから聴き通すには約2時間ほどかかり、
聴き通すのには忍耐力を要する曲になる。

マタイ受難曲も長い間聴いていないので、今年は大晦日に聴こうと思う。
この曲もCD3枚で3時間はかかる。
ベートーベンの交響曲第9番も聴いていないので、代替の曲として久しぶり聴いてもいいかなとも思う。

こうやって書いていると、無性にバッハを聴きたくなってきた。





by kappa-999 | 2016-12-23 22:58

2016.12.22 心不全ということで退院する。


検査の結果、狭窄は見つからず退院する。
病名ではないが、息苦しさと胸痛は心不全のためだという。
心不全という言葉は、曖昧で漠然としていてつかみどころがない。

心筋梗塞の結果としての左心室拡大と腎臓機能低下により水分が排出されないために、
心不全状態になったのだというのがドクターの説明。
そして、進行すれば透析になるので、塩分摂取厳禁をいわれる。

何時の間にか慢性腎炎にされているが
8月の検査までは、クレアチニンも尿素窒素も基準値以内だったので腑に落ちない。
(9、10、11月は、クレアチニンは1.20、尿素窒素が22.4程度で悪くはなっているが)

この病院に入院した時の血液検査では、腎機能の数値は、いつも低下している。
基礎疾患のSLEという病気は、腎機能が低下し、腎不全になるのだが、
この先入観と入院時の数値により慢性腎炎にしているのではと思ったりもする。

とりあえずラシックスという利尿剤を服用することにより、体外に余分な水分を排出することになる。
ラシックスはダイエットに使えるということで、入院する二、三日前に飲み始めていたためか、
5日程度で2.5キロ体重が減少している。

体重減少(水分の減少)の結果だろう胸痛がなくなった。
息苦しさは身体を動かしていないので、その効果はわからないが
息苦しさも治っていれば心不全ということになるのだろう。

何はともあれ、2泊3日の入院ですんで良かった


退院時(12/22)の朝食。
何故か牛乳は毎日ついてくる。
タクアンではなくてパイナップル。

f0140087_22555455.jpg



検査後の食事は、右肘からカテーテルを入れて検査しているので、
止血のために固定されるので右手が使えない。
そのために、食べやすいようにオニギリ、おかずは楊枝で串刺しにされている。
冬至だったのでカボチャが。

f0140087_2256670.jpg


f0140087_22562344.jpg




by kappa-999 | 2016-12-22 23:09

2016.12.21 検査当日(二日目)の朝食


朝も絶食かと思っていたが、昼食が延食だった。


f0140087_118146.jpg



11時からの予定だが、今、20分。
前の人の検査に時間がかかっているのだろう。

安定剤を飲まされているので、少しフラフラする。

手首からしていたが、血管が細くなってきたのだろう
肘からカテーテルをするようだ。

何回やっても慣れない検査。

PTCAになれば、退院は明後日、
心臓カテーテルだけですめば、明日退院できる。

なにごともなければいいのだが。


by kappa-999 | 2016-12-21 11:33

2016.12.20 入院当日の夕食。


美味しいのだが、鳥の餌のようなご飯140gの夕食。
一日のカロリーの計算がされ、心臓食、糖尿病食だから仕方ないのだが、
腹はすく。

検査は明日の11時から。
検査が終わるまで絶食はシンドイ。

腎機能が低下しているので20時から点滴開始、
明後日の8時まで繋がれる。


f0140087_20104248.jpg



昭和58年に6ヵ月入院して以来、これで39回目の入院になり、
心臓カテーテル、PTCA、ペースメーカーの埋め込みなど心臓関係では23回目。

ポンコツのエンジンを修理、修理しながら動かしているようなもので、
33年ももっているから、シブトイというか、よほど悪運強く生まれついたのだろう。

生き過ぎたのかもしれないが、
この悪運、何時までもつのだろうか。

何度か彼岸に渡りかけたこともあるが、
まだ此岸におれということか。
何時まで?






by kappa-999 | 2016-12-20 20:32

つれづれに浮世の憂さを戯言に                                        彼岸に渡るまでの暇つぶしと気晴らしのブログ          


by 河童
プロフィールを見る