カミサンの実家から貰ってきた「白い万両」
 

f0140087_21345073.jpg


40数年前に、父親の実家の竹藪に生えていたのを持ち帰ってきた「蟻通し(一両)」
鋭い棘があるために、実を鳥に食べられることなく、
花が咲いても実が残っている。


f0140087_21350249.jpg


カミサンが友人からもらった「青木」も色付き始めた。


f0140087_21351304.jpg


鳥が運んできた種から育った万両。


f0140087_21352530.jpg




徒然に浮世の憂さを戯言に(阿呆の戯言・独り言)。

おぼしきこと言はぬは、腹ふくるるわざなれば、
筆にまかせつつ、あぢきなきすさびにて、かつ破り捨つべきものなれば、
人の見るべきにもあらず。
         (徒然草19段)


今年は世界の三大バカに振り回されぱなしで、滅茶苦茶にされてしまった年だった。
来年も、この三大バカの横暴を許す年になりそう。

なんとかならないか、この三大バカ。
疫病神には退散願いたいのだが。



阿呆は自分以外の人間はすべて阿呆だと思ってる。
通常人は自分は阿呆でないから通常だと思っている。
No medicine can cure folly. 


f0140087_21083518.jpg


# by kappa-999 | 2017-12-25 00:10 | 季節の花




厳しい寒さが続いたために、咲き切れないでいる赤い薔薇。
枯れもせず、色も褪せず、この状態で一月半以上が経過する。
なんとか咲きたいと、薔薇はこの寒さに耐えて頑張っているのだろうが。

紅い薔薇の花言葉は、「愛情」「模範」「貞節」「情熱」「熱烈な恋」「あなたを愛します」



f0140087_22060069.jpg






我家の一員になって5ヵ月が経とうとしている”リョウ”。
今日も庭を元気に駆け回っている。
  

f0140087_16270645.jpg


f0140087_16271439.jpg


f0140087_16272600.jpg



紀州犬を二十数年飼っていたので、洋犬それも室内飼いに慣れず、可愛いのだが、戸惑っている。

”はるか”にチョッカイを出しては、部屋の中を追いかけ回されている。
”リョウ”は遊びのつもりだろうが、”はるか”にとっては迷惑な子犬。
 




# by kappa-999 | 2017-12-24 16:45 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

2017.12.18 山茶花



庭に咲くのは、この山茶花だけ。
蝋梅(ろうばい)が蕾を膨らませているが、咲くのは来月。


花言葉は、「困難に打ち勝つ」「ひたむきさ」  (ピンク・赤)「理性」「謙遜」  (ピンク)「永遠の愛」



f0140087_04414914.jpg


f0140087_04525792.jpg


f0140087_04423229.jpg


f0140087_04422287.jpg




庭に出て遊ぶのに慣れた”リョウ”。走り回っている。

この年齢では飼うべきではない犬。
人間様の勝手な理屈だが、リョウの世話に体を動かす機会が増えたのは事実。
散歩に連れ出したいが、腰痛で無理。
来年は手術しようと思う。


f0140087_04420896.jpg




肢と腰の痛みが酷いので、ボルタレンの座薬を入れるが、痛みが取れず。
痛みで眠れないので起きだしてブログを更新。

今、5:10、少し和らいだ気がするが、歩くと駄目
整骨院に通っているが、効果はもう一つ。
今日は、整形外科に行って手術できるか相談しようと思っている。

風邪を引いたのか、昨日は目が覚めても体が怠く起き上がれず、一日中ベッドの中。
寒さが堪えているのか・・・・。
楽しみにしていた講演会に参加できず。友人にも会えず。残念!!





# by kappa-999 | 2017-12-18 05:19 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)

2017.12.15 ジョウビタキ



ジョウビタキが庭に来る季節になった。
この鳥、人なっこいというか警戒心が薄いというか、かなり近づくことができる。
庭弄りをしていた時には、よく飛んできていた。


”ピアノ”はよくジョウビタキを捕まえ、口に咥えて我々に獲物を見せに来ていた。
そのたびに、”ピアノ”から取り上げて放してやった鳥。

”ピアノ”は利口な猫で、狩りが上手だった。
木の茂みの中に隠れて、ジョウビタキが塀から庭に飛び降りるのを待って狩りをしていた。

鼠を獲るのが上手な猫をネコ(鼠好)、鳥を獲るのが上手な猫をトコ(鳥好)、蛇を獲るのが上手な猫をヘコ(蛇好)というらしいが、
”ピアノ”はこの3つの才能を持っていた。
さっすがに蛇を咥えて見せに来たときは閉口したが・・・・・・。



f0140087_00275508.jpg


f0140087_00273634.jpg


f0140087_00280952.jpg





徒然に浮世の憂さを戯言に(阿呆の戯言・独り言)。

おぼしきこと言はぬは、腹ふくるるわざなれば、
筆にまかせつつ、あぢきなきすさびにて、かつ破り捨つべきものなれば、
人の見るべきにもあらず。
         (徒然草19段)


女子高生の間で 「あべ過ぎ」 という言葉が流行っているそうです。

その意味は
馬鹿過ぎる」
「人の話を聞かない」
「聞かれた事に答えない」
「聞かれてもごまかす」

だそうです。







f0140087_01142479.jpg
画像出所:人様のtwitter




阿呆は自分以外の人間はすべて阿呆だと思ってる。
通常人は自分は阿呆でないから通常だと思っている。
No medicine can cure folly. 


f0140087_21083518.jpg

# by kappa-999 | 2017-12-15 01:07 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)





今年のミカンの収穫は残念ながら1個だけ

ミカンの木に勢いがなくなり、ミカンの花も枯れ始めたのに気づき、消毒をしたのだが、
カミキリムシ?が産卵のために幹に穴をあけてミカンの木の養分を吸い続けており、手遅れに。

ミカンの木が枯れるのを覚悟で、カミキリムシの開けた穴に消毒剤を薄めず原液を流し込む。
なんとかミカンの木に勢いが出てきはじめ、持ち直してきたが、1個しか収穫できず。
来年に期待したいが・・・・・。


f0140087_19054557.jpg


f0140087_19055616.jpg


昨年の収穫は240個あまりだったのだが。


f0140087_19053693.jpg


カミキリムシが産卵のために開けたと思われる穴。


f0140087_19052562.jpg






# by kappa-999 | 2017-12-11 19:34 | Trackback | Comments(0)