ブログトップ

河童の徒然なるままに

2007.02.24 「鹿児島県議選違反事件」

  
徒然に浮世の憂さを戯言に。

おぼしきこと言はぬは、腹ふくるるわざなれば、筆にまかせつつ、あぢきなきすさびにて、
かつ破り捨つべきものなれば、人の見るべきにもあらず。

阿呆の戯言・独り言。



鹿児島県議選違反事件は、国家権力の直接的な行使機関である警察が憲法で保障された基本的人権を侵害した重大な冤罪事件である。

読売新聞によれば警察、検察は、逮捕、処分保留、再逮捕を繰り返し、395日間の拘置や延べ737時間の取調べ「踏み字」の強要、体調不良者に対しての約7時間の取調を行ったという。江戸時代の奉行所で石の板を白状するまで膝の上に積み重ねていった拷問に等しい取調べである。

憲法違反を国家が犯していることになる。鹿児島県警と同じような取調べをする県警がないことを祈りたいが、今年の1月に富山県警で冤罪が発覚した。

警察で3日間(1日は検察に送られるが)取調べを受け検察庁に送られて10日間、自白しなければさらに10日間拘留計23日間が拘留期限である。これでも自白しなければ余罪(誰でも叩けば埃(ホコリ)がでるが、その埃のような事件をでっちあげる)を探し出し再逮捕し被疑者を長期勾留する。

自白するまでこれを続けられたら権力をもたない善良な市民はまず耐えられない。自分が犯してもいない罪を認めることになる。蛇に睨まれた蛙と同じである。

警察は過去に数多の冤罪事件をでっちあげてきた実績のある国家権力の直接の行使機関だけに厄介である

私には長期間拘留され否認し続けたた堀エモン鈴木宗男議員は凄い人達だと思うのです。

         明日は「それでもボクはやっていない」を見にいってこようと思う。


2013.12.04 追記。

徳州会病院の選挙違反事件が世間を騒がせている。
本来、この選挙違反事件は鹿児島県警が摘発すべきだが、東京地検特捜部が扱っている。
確かに地方の警察だけで解明するに大きすぎるかもしれないが、なぜ、鹿児島県警は選挙違反で摘発しなかったのか。
無実の人を罪に落とすことはいとも簡単に行った鹿児島県警は、巨大な権力とは癒着し、逆らえず擦り寄っていく機関だとしか思えない。

特捜部が動かなければこの事件も闇のかなたに消えていったかもしれない。


f0140087_17595999.jpg




阿呆は自分以外の人間はすべて阿呆だと思ってる。
通常人は自分は阿呆でないから通常だと思っている。

   No medicine can cure folly.

2013.12.04 旧ブログより移記。
     
     
     
# by kappa-999 | 2007-02-24 00:00 | 戯言・独り言

2005.04.11 松江城

  
松江城(まつえじょう)は、島根県松江市殿町にある平山城。
別名・千鳥城。天守が現存し、国の重要文化財に指定されている。
城跡は国の史跡に指定されている。




f0140087_21152310.jpg





城は松江市街の北部に位置し、南に流れる大橋川を外堀とする輪郭連郭複合式平山城である。
宍道湖北側湖畔の亀田山に築かれ、日本三大湖城の一つでもある。
なお、城の周りを囲む堀川は宍道湖とつながっており薄い塩水(汽水域)である。

三大湖城 松江城(島根県松江市)、膳所城(滋賀県大津市)、高島城(長野県諏訪市)




f0140087_2115175.jpg

f0140087_21154218.jpg

f0140087_21155469.jpg




f0140087_21161641.jpg

f0140087_21162921.jpg




天守閣からの眺


f0140087_2117636.jpg

f0140087_21172321.jpg

f0140087_21173468.jpg





f0140087_21174989.jpg

f0140087_211823.jpg

f0140087_21181574.jpg





通称 千鳥城
城郭構造 輪郭連郭複合式平山城
天守構造 複合式望楼型 4重5階地下1階(木造 1607年築 現存)
築城主 堀尾忠氏
築城年 1611年(慶長16年)
主な改修者 京極忠高
主な城主 堀尾氏、京極氏、松平氏
廃城年 1871年(明治4年)
遺構 現存天守、石垣、堀
指定文化財 国の重要文化財(天守)、国の史跡
再建造物 櫓・門・橋

More  2005.4.11 堀川めぐり
# by kappa-999 | 2005-04-11 00:00 | 松江城

河童のペット達。

愛猫 ”はるか”         我家では猫の名前は、朝の連ドラの主人公の名前をつけます。



f0140087_13585033.jpg


                      愛  称      はるか
                      生年月日     2005.8.16
                      出生地      大阪市淀川区
                      種  類      チンチラシルバー
                      猫  名      Pine Code Hfg




愛犬 "いち"      三代目の紀州犬です。    2013.12.27 永眠。



f0140087_13591455.jpg


                      愛  称     い ち
                      生年月日    2001.11.03
                      出生地     和歌山県和歌山市
                      種  類     紀 州 犬
                      犬  名     鉄 市



 初めて飼った紀州犬


f0140087_16132255.jpg


                      愛  称     い ち
                      生年月日   1984.1.20
                      出生地     徳島県徳島市
                      種  類     紀 州 犬
                      犬  名     渭 城



退院して自宅療養中に散歩の供をさせるために飼い始めた紀州犬。名前を「いち」とつけた。この「いち」が素晴らしい素質を持っていたから紀州犬のファンになってしまった。 以後、「いち」の名前が受け継がれている。現在の「いち」は3代目の紀州犬になる。

紀州犬を飼うのは難しいといわれるのだが、この「いち」は紀州犬らしからぬ紀州犬であった。子供の成長期と重なり子供のいい 遊び相手になってくれた。
昭和59年に我が家の一員となり12年間生活を共にし、家族に色んな思い出を残してくれた犬である。




愛猫 ”ぴあの”   2007.05.12記 

 

写真の猫は、先代の猫です。犬猫の交換会で貰ってきたチンチラの血が1/4混じっている雑種です。この猫は偏差値が高い猫で、天上天下唯我独尊、独立自尊の気概をもっていた猫でした。私より家内に懐いて私にはあまり懐いてくれませんでした。


f0140087_18222241.jpg


                  
散歩につい来る猫でした。「私も行くよ」とニャオと鳴いて後ろから呼びかけてくるのです。家に閉じ込めて散歩しても、施錠してない窓を探して開けて出てくるのです。

彼女が外出している時でも私が散歩しているのが分かるのでしょう、何時の間にか後ろからついてくるのです。そして、彼女の歩く限度がくると「これ以上歩けません」とニャオと鳴いて呼び止めるのです。彼女がついてきた時にはほとんど散歩になりません。

また、犬の散歩に出会うと注意しなければならないのです。その犬に向かって喧嘩を吹き掛けていきます。向こうの犬が恐れをなすほど迫力のある猫。一度、止め損なって犬を散歩させている人を引っ掻いてしまい、あくる日、菓子折りを持って謝りにいったことがありました。

鼠を獲るのが上手な猫をネコ(鼠好)、鳥を獲るのが上手な猫をトコ(鳥好)、蛇を獲るのが上手な猫をヘコ(蛇好)というらしいのですが、彼女はこの三つの才能を持っていました。そして、必ず獲物を見せにくるのです。それも殺さずに口に銜えて。鼠や鳥の場合はいいのですが、蛇には閉口しました。ある夜、おかしな鳴き声で網戸の外から呼ぶので開けてやると蛇を加えて(30cmほどの小蛇)入ってきたのです。その後10分ほど蛇を捕まえるために寝室は大騒動。この事件以降、いつもと違う鳴き声の時は無視。

二年ほど前のある夜、外出中の彼女を呼び入れるために玄関を開けて呼ぶと車庫から苦しそうな鳴き声で返事をしてきました。急いで抱きかかえて部屋に入れると激しい息遣いと目が見開いたまま。車に撥ねられたのかもしれません。時間が時間だっただけに知り合いの獣医に電話を掛け連れていったのですが、手遅れ。苦しまないように安楽死させました。家内は涙ぐんでいました。今、こうしてブログを書いていると涙腺が少し変です。彼女は、敏捷で、賢く、可愛い猫でした。

我が家で12年間、家族を癒してくれた猫の話です。


(追記 2010.10.30)

我家では、朝の連ドラの主人公の名前を猫につけることにしています。

              
# by kappa-999 | 2001-01-01 00:00 | 河童のペット

つれづれに浮世の憂さを戯言に                                        彼岸に渡るまでの暇つぶしと気晴らしのブログ