プロフィール

ニックネーム河童
自己紹介 彼岸に渡るまでの暇潰し、憂さばらしのブログ
徒然に浮世の憂さを戯言に。


清水崑の河童、小島功の色気のある河童、機知に富む警句や逆説を用いて人間社会を風刺する芥川龍之介の「河童」が好きで、いたずら好きで、間抜けで、恩義にも厚く、ユーモアのある河童をニックネームにする。

6ヵ月に渡る入院を2回繰り返し、心筋梗塞などで何度か彼岸に渡りかけたこともあるが、まだ此岸に居坐っている自分は、つくづく悪運の強い男だと思っている。

此岸に居座っても碌でもないことばかりだが、自分のことを自分でできる状態であれば、平均寿命までは居座りたいものだ。






好きな言葉

人間の一生は地獄でして、寸善尺魔、とは、まったく本当のことでございますね。一寸の仕合せには一尺の魔物がついてまいります。人間三百六十五日、何の心配の無い日が、一日、いや半日あったら、それは仕合せな人間です。
         (太宰治:ヴィヨンの妻)
                                                                     
災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候
死ぬ時節には、死ぬがよく候。       
是ハこれ災難をのがるる妙法にて候 
              (良寛)

人生とは玉葱のようなもの。
皮を一枚一枚むいていくと、中に何もないことがわる。
              (J.ヒュネッカー)                                                    
経歴                                                             
好きな本芥川龍之介、太宰治、池波正太郎、山本周五郎
好きな音楽宗教音楽、バロック音楽、古典派音楽、モダンジャズ、エンヤの音楽
最も幸せな時寝ているとき。