ブログトップ

徒然に浮世の憂さを戯言に (河童の徒然なるままに)

タグ:アサギマダラ ( 11 ) タグの人気記事

2016.10.13 まだいたアサギマダラ


昨日は3頭(匹)いたアサギマダラだが、今日は1頭だけ。
長旅をしているはずだが、翅も傷ついていない綺麗な個体。

藤袴に近づくと直ぐに飛び立ってしまい、
藤袴の上を飛び回り、なかなか止まってくれない。
今年のアサギマダラは例年の個体と違って用心深そうだ。
翅を大きく広げたアサギマダラを撮りたかったが、今年は駄目だった。


f0140087_19242912.jpg



翅を広げたアサギマダラを撮りたかったが、
少ししか開いてくれない。

f0140087_192442100.jpg

   
    
   

by kappa-999 | 2016-10-13 19:35 | 小動物

2016.10.12 藤袴とアサギマダラ


アサギマダラが我家の藤袴に飛来するのに気づいて5年になる。
毎年、藤袴が満開になる頃に飛来するアサギマダラ。
今年も旅の途中に我家に立ち寄る。
今年は3頭。
何時まで滞在するのだろうか。

花言葉は、「ためらい」「遅延」「躊躇」「あの日を思い出す」「優しい思い出」


f0140087_18274850.jpg


f0140087_1828090.jpg


f0140087_18281245.jpg




 私たちは、普通蝶を数えるときは一匹、二匹と数えます。これは間違いではないのですが、動物学上は馬や牛のように一頭、二頭と数えます。一頭、二頭という数え方は、蝶に限ったことではありません。鳥と魚を除くすべての動物は、動物学上では、一頭、二頭と「頭」を用いて数えます。(wikipediaより)




虫に食べられ穴の開いた「秋明菊(シュウメイギク)」

花言葉は、「忍耐」「薄れゆく愛」「多感なとき」



f0140087_18282242.jpg


f0140087_18283322.jpg




    
    
    
by kappa-999 | 2016-10-12 18:51 | 小動物

2015.10.22 アサギマダラと石蕗(ツワブキ)


家内がアサギマダラが藤袴に止まっていると知らされ庭に出る。

1頭のアサギマダラが飛来していた。
旅だったと思っていたのだが。
新しい個体なのか?


f0140087_03876.jpg


f0140087_0382294.jpg


f0140087_0383581.jpg


f0140087_0384863.jpg



咲き始めた石蕗(ツワブキ)。

この花が今年最後に咲く花になる。
今年も庭の手入れができなかったが、そこそこに咲いてくれた。


f0140087_040960.jpg






                               (2015.10.22 タブレット)
by kappa-999 | 2015-10-23 01:51

2015.10.17 今日もアサギマダラが飛来する。

今日もアサギマダラが飛来する。

昨日の個体と違って左翅が破れている。右翅も少し痛んでいる。
50cmほどまで近づいても飛び立たない。
翅も開かない。
疲れているのだろう。

何処から飛んできたのか。
傷んだ翅でこれから何処に飛び立つのか。
旅の無事を祈る。


f0140087_10253613.jpg


f0140087_10254793.jpg


f0140087_1026121.jpg


f0140087_10261164.jpg


f0140087_10482613.jpg



二匹目の飛来(蝶の数は頭で数えるらしいが)。

f0140087_20181917.jpg




今年何度か咲いた花だが名前が分らない。


f0140087_10262476.jpg



     
    
    
by kappa-999 | 2015-10-17 00:00 | 小動物

2015.10.16 今年も「アサギマダラ」が飛来する。


昨日は撮り損ねたアサギマダラ。

毎年、同じ時期に飛来する。
二匹のアサギマダラが藤袴の回りを飛んでいた。
昨年も二匹だった。

1,500 km以上も移動する個体があるという。
このアサギマダラは、これからどんな長旅を続けるのだろうか。



f0140087_13303733.jpg


f0140087_13305038.jpg


f0140087_1331446.jpg


f0140087_13311992.jpg





ヒョウモンチョウ?

アサギマダラが飛来すると、この蝶もやってくる。


f0140087_13313173.jpg

           
       
       
by kappa-999 | 2015-10-16 13:51 | 小動物

2014.10.20 2014.10.18の「アサギマダラ」


       16日に飛来してから2回目。
       前回よりも一回り大きな個体だった。

       

f0140087_19362358.jpg


f0140087_19364137.jpg


f0140087_1937227.jpg


f0140087_19374974.jpg


f0140087_19412637.jpg


f0140087_19381126.jpg


f0140087_1941946.jpg

     
     
     
by kappa-999 | 2014-10-19 19:57 | 小動物

2014.10.16 今年もやってきた「アサギマダラ」


見つけたときは飛び回ってなかなかフジバカマに止まろうとしなかったが、落ち着くとカメラを30cmまで近づけても
   この蝶は警戒心が薄いのだろうか、じっとフジバカマに止まって飛び立とうしない。
   マクロだったので三脚をつけていればもっと鮮明に撮れたと思うが、三脚を付けるのが面倒なので、
   明日は70-200mに付け替えて撮ろうと思う。明日も来ればだが。

   毎年、長い旅の途中で我が家のフジバカに来るアサギマダラ。
   個体は違うだろうし、彼らの飛行コースの中に入っている我家のフジバカマをどのようにして受け継いでいるのか?

   今年は2匹のアサギマダラが我家のフジバカマに立ち寄った。
   来年も飛来してほしい。


f0140087_22593931.jpg


f0140087_230371.jpg


f0140087_230553.jpg


f0140087_231994.jpg


f0140087_2313962.jpg


f0140087_232387.jpg


f0140087_232194.jpg


f0140087_2323571.jpg


f0140087_2325117.jpg

       
     
     
by kappa-999 | 2014-10-16 23:03 | 小動物

2013.10.18 まだいた「アサギマダラ」

 
   
f0140087_1495511.jpg



             まだいた「アサギマダラ」。
             今日は2羽見つける。

       
     
      
by kappa-999 | 2013-10-18 14:13 | 小動物

2013.10.17 今年もやってきた「アサギマダラ」


今年も旅の途中に立ち寄り、フジバカマの花に止まって羽根を休めている「アサギマダラ」

          3年連続になる。

f0140087_1129149.jpg


f0140087_11295215.jpg


f0140087_11301155.jpg


f0140087_1130338.jpg


f0140087_11305816.jpg




日本全土から朝鮮半島、中国、台湾、ヒマラヤ山脈まで広く分布する。分布域の中でいくつかの亜種に分かれていて、このうち日本に分布するのは亜種 P. s. niphonica とされる。
標高の高い山地に多く生息する。九州以北で成虫が見られるのは5月から10月くらいまでだが、南西諸島では逆に秋から冬にかけて見られる。

アサギマダラの成虫は長年のマーキング調査で、秋に日本本土から南西諸島・台湾への渡り個体が多く発見され、または少数だが初夏から夏にその逆のコースで北上している個体が発見されている。日本本土の太平洋沿岸の暖地や中四国・九州では幼虫越冬するので、春から初夏に本州で観察される個体の多くは本土で羽化した個体と推測される。

移動の研究は、捕獲した成虫の翅の半透明部分に捕獲場所・年月日・連絡先などをマジックインキで記入(マーキング)、放蝶するという方法で個体識別を行う。このマーキングされた個体が再び捕獲された場所・日時によって、何日で何 km移動したか、あるいは同所で捕獲した場合何日そこに居たかが分かる。調査のための『アサギマダラネット』のインターネットによる電子ネットワークがあり、その日のうちに移動情報が確認できることもある[4]。 調査のための捕獲手段として、白いタオルの一方をつかんでぐるぐる回すとアサギマダラが寄ってくることが知られる。利き手で網を持ち逆の手でタオルを回すと捕獲しやすい。

研究者達によって、夏に日本本土で発生したアサギマダラのうち、多くの個体が秋になると南西諸島や台湾まで南下することが判明したものの、集団越冬の場所や、大量に死んでいる場所も見つかっていない。南西諸島で繁殖、もしくは本土温暖地で幼虫越冬した個体は春の羽化後にその多くが、次の本土冷涼地での繁殖のために北上する傾向にあることが明かになった。

この秋の南下の中には直線距離で1,500 km以上移動した個体や、1日あたり200 km以上の速さで移動した個体もある。 具体的な事例として、2009年には、岐阜県下呂市で放蝶した人と兵庫県宝塚市でその個体を捕まえた人が、2年続けて双方とも同じ人物だった。なお、その個体は9月下旬に放蝶され、10月12日に捕まえられた。

2011年8月19日に「道南虫の会」が北海道函館市近郊の山から放蝶した「アサギマダラ」が、2011年10月24日に山口県下関市の市立公園・リフレッシュパーク豊浦のバタフライガーデン「蝶の宿」に飛来し捕獲された。「アサギマダラ」は再び放され、更なる南下の途中[いつ?]である。

2011年10月10日に和歌山県から放たれて、83日後に約2,500 km離れた香港で捕獲されたアサギマダラ
2011年10月10日に和歌山県から放たれたマーキングしたアサギマダラが、83日後の12月31日に約2,500 km離れた香港で捕獲された。途中高知県でも捕獲されていて、世界第二位の長距離の移動が確認された。

児童図鑑でのアサギマダラの渡り行為の紹介以来、春から初夏に日本本土で観察する個体がすべて南西諸島以南から渡ってくるとされたが、これは間違いである。 (wikipediaより引用)
     
      
     
by kappa-999 | 2013-10-17 12:00 | 小動物

2012.10.25 今年、二度目の「アサギマダラ」



f0140087_18553160.jpg


f0140087_185547100.jpg


f0140087_1856679.jpg


f0140087_1856167.jpg


f0140087_18563439.jpg


f0140087_18563888.jpg

    



    
昨年(2011.10.20)のアサギマダラ   


  
アサギマダラは、チョウ目タテハチョウ科マダラチョウ亜科に分類されるチョウの1種。翅の模様が鮮やかな大型のチョウで、長距離を移動する。

アサギマダラの成虫は1年のうちに、日本本土と南西諸島・台湾の間を往復していることが知られている。ただし北上する個体と南下する個体は子孫の関係で、同じ個体が移動する渡り鳥の移動とは異なる。

移動の研究は、捕獲した成虫の翅の半透明部分に捕獲場所・年月日・連絡先などをマジックインキで記入(マーキング)、放蝶するという方法で個体識別を行う。このマーキングされた個体が再び捕獲された場所・日時によって、何日で何 km移動したか、あるいは同所で捕獲した場合何日そこに居たかが分かる。調査のための『アサギマダラネット』のインターネットによる電子ネットワークがあり、その日のうちに移動情報が確認できることもある。

研究者達によって、夏に日本本土で発生したアサギマダラは秋になると南西諸島や台湾まで南下、繁殖した子孫が春に北上し、日本本土に再び現れるという行動が明らかになった。中には直線距離で1,500 km以上移動した個体や、1日あたり200 km以上の速さで移動した個体もある。

調査のための捕獲手段として、白いタオルの一方をつかんでぐるぐる回すとアサギマダラが寄ってくることが知られる。利き手で網を持ち逆の手でタオルを回すと捕獲しやすい。

2009年には、岐阜県下呂市で放蝶した人と兵庫県宝塚市でその個体を捕まえた人が、2年続けて双方とも同じ人物だった。なお、その個体は9月下旬に放蝶され、10月12日に捕まえられた。

2011年8月19日に「道南虫の会」が北海道函館市近郊の山から放蝶した「アサギマダラ」が、2011年10月24日に山口県下関市の市立公園・リフレッシュパーク豊浦のバタフライガーデン「蝶の宿」に飛来し捕獲された。「アサギマダラ」は再び放され、更なる南下の途中である。

2011年10月10日に和歌山県から放たれて、83日後に約2,500 km離れた香港で捕獲されたアサギマダラ
2011年10月10日に和歌山県から放たれたマーキングしたアサギマダラが、83日後の12月31日に約2,500 km離れた香港で捕獲された。途中高知県でも捕獲されていて、世界第二位の長距離の移動が確認された。    
(wikipediaより抜粋)
by kappa-999 | 2012-10-25 19:00 | 小動物

つれづれに浮世の憂さを戯言に                                        彼岸に渡るまでの暇つぶしと気晴らしのブログ