2018.08.04 708号室





入院したときは、呼吸器内科の病棟8階の68号室。
ここで1ヵ月。
転院先の病院で1ヵ月。
転院先から出戻って、外科の病棟7階708号室に入院して1ヵ月。

窓外から音がする。
ベッドを少しあげて音のする方向を見ると、
距離があるため小さいが打ち上げ花火が吉野川の方向に観える。
連続して打ち上げされる花火は綺麗である。
しばし、入院の無聊を慰めてくれる。

入院で4ヵ月目にはいる。
手術は成功し、10日ほどで退院できると言われていたのに、話しが違う。
巫山戯がすぎる。
術後の処置が間違えている。
成功ではない、失敗だろう。
タイヤではない。空気が漏れれば肺でもない。

手術まえには、毎日病室に来ていた主治医だが
失敗と分かってから病室に顔をみせなくなった。
セコイ医者である。
失敗と認めたくなさそうな態度だから、嫌になる。
空気漏れを起こすことがあることを事前に伝えているから
失敗ではないと思っているようだ。


部下?になる若い医者が、毎日肺の洗浄に来るが
真面目で、熱心、勉強も良くしているから、
安心できる。

彼のことを、私は神の手持った男とよんでいる。

早く元気にならないと軍資金が涸渇する
金の切れ目が命の切れ目にならことを祈る。


# by kappa-999 | 2018-08-04 21:52 | 健康@河童 | Trackback | Comments(2)

2018.04.12 入院四日目



格子なき牢獄の生活も四日目に入る。
足と腰の痛みは良くならないが、以前のように仰向けになっても、
横になっても痛かった、どうしようもない時よりは楽になっている。

昨日は、手術の説明。今日は麻酔とICUについての説明。
説明が終われば、同意書に署名。

4日間、点滴に繋がれていたので入浴ができなかったが、
一時的に点滴から開放され、シャワーをする。
久しぶりにリラックスできた気分。

今、歯科から歯科衛生士が来て、口腔内には細菌が沢山いるので
感染症予防のために、手術室に入る前に歯の手入れをするとのこと。
手術まえに歯科が介入するのは初めての経験。


f0140087_17301970.jpg


いまの病院の設備はビジネス・ホテルと似たようなもの。
部屋は個室でトイレ付きで6,400円。
以前によく利用した病院はバス・トイレ付きで5,500だから少し高い気がする。

手術は内視鏡を使うが全身麻酔。
3~4cm程度の切り口を3ヵ所開ける。
右肺の下葉部分(右肺の1/2)を切り取る。

術後はICUに入り、調子が良ければ二日程度で病室に帰る。

3時間程度の手術。

肺の一部が切り取られたために、術後直ぐにリハビリが必要。
このリハビリが結構シンドいらしい。



4/12 夕食。 病院食とはいえ、鳥の餌よりはましか。



f0140087_18300365.jpg



病院食と言えば、昔はまずい食事の代表格だった。
そんな中で、35年ほど前の大学病院の食事は美味しかった。
ちらし寿司、鰻丼、カレー、天麩羅、丼物、ミカンやリンゴなどはまるまる1個、バナナは一房出てきて
けち臭く無かった。
外注になってから、味もボリュームも変わっているのでは。




# by kappa-999 | 2018-04-12 22:34 | 健康@河童

2018.04.10 入院二日目


携帯のテザリング機能を使ってタブレットからアップ。
速度が落ちるかと思ったが、そうでもなかった。

テレビは面白くないし、本を読んでも頭に入らないし、
入院の無聊をなぐさめてくれるのは、このタブレッと朝、昼、夜の三食の食事。

手術まで後三日。
点滴する日数と術後、退院するまでの日数が同じ。
愚痴ってもしかたないが、点滴さえなければ早く帰れたのに。


# by kappa-999 | 2018-04-10 20:00 | 戯言・独言@河童




入院するまでまだ時間があるので、昨日、撮った野草をアップ。

タンポポに似ている野草。
風に運ばれてきたのだろう、庭の一部を占領している
図鑑で調べるが名前がわからない。
オニタビラコ?


f0140087_11361326.jpg



f0140087_11362486.jpg



f0140087_11365155.jpg



f0140087_11363504.jpg



シラン(紫蘭)が花芽を出していた。
退院する頃には咲いているだろう。





# by kappa-999 | 2018-04-09 11:48 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)




清楚な花を咲かせるシロヤマブキ(白山吹)。
ヤマブキ(山吹)のように見えることからついた名前。

シロヤマブキ(白山吹)はバラ科シロヤマブキ属の落葉低木。
ヤマブキ(山吹)は、バラ科ヤマブキ属の落葉低木

ヤマブキ(山吹)は5弁花だか、シロヤマブキ(白山吹)は4弁花で、
1花に光沢がある黒色の実を4個ずつつける。


花言葉は、「細心の注意」「気品」「薄情」



f0140087_10440435.jpg



f0140087_10434979.jpg



f0140087_10443131.jpg




f0140087_05243216.jpg



鉢植えにしてあったシロヤマブキ、
花数が少ないので地植えにしたが、鉢植えと変わらなかったのに、
今年は、咲く時期も少し早いように思うし、沢山の蕾をつけている。




リョウ”が踏み荒らしたエビネ蘭も蕾をつけている。

f0140087_11073170.jpg



ライラックももうすぐ花を咲かせてくれるだろう。

f0140087_11121878.jpg



フリージアも蕾をつける。

f0140087_11080511.jpg



卯の花も退院したころには咲いているかもしれない。


f0140087_13592015.jpg





今日は14:00に入院。9日程度で退院予定。
心筋梗塞、脳梗塞の予防薬を飲んでいなければ、4日程度で退院できるのだが。
休薬期間の5日の間、ヘパリンの点滴をするが、5日間は点滴に繋がれぱなしで鬱陶しい。
点滴の期間だけ余分の入院になる。
4/13肺葉切除手術。
4/18退院予定
映画やドラマのように「そして1年後」というように、時間が過ぎればいいのだが。






# by kappa-999 | 2018-04-09 00:05 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)




今日の夕食は「花杏」で」姪のコンサートを聴きながら。


黒毛和牛のスーテーキ

f0140087_22070434.jpg



黒毛和牛のステーキ丼

f0140087_22072863.jpg







# by kappa-999 | 2018-04-07 23:14 |   おでかけ・ドライブと食事 | Trackback | Comments(0)




姪は12月に結婚したのだが、急に、旦那が南アフリカに転勤なり、
4月の下旬に日本を離れるので、それまでの間、ラスト・コンサートを開いている。
南アフリカにいったら、一時帰国はあっても、5年間は日本に帰らないので寂しくなる。


f0140087_04470720.jpg


彼女は、2、3歳のころからピアノとエレクトーンを習い始め
小中とエレクトーンの全国大会で金賞を何回も貰っている。

大学では第一楽器がピアノで、第二楽器がトランペット。
私立の高校で音楽教師をする傍ら、仲間とコンサートを開いたり、
人気があるので結婚式の演奏に呼ばれたりして、結構稼いでいたようである。


f0140087_04471519.jpg



f0140087_22075527.jpg



f0140087_22094050.jpg



f0140087_22090583.jpg



f0140087_22092576.jpg




f0140087_22101772.jpg



f0140087_22095715.jpg



パートナーのバイオリニスト

f0140087_22335634.jpg



f0140087_22331752.jpg



f0140087_22341643.jpg






f0140087_22345914.jpg







# by kappa-999 | 2018-04-07 22:56 | おでかけ・ドライブ | Trackback | Comments(0)




ハナモモの実を鉢植えにして育てたもの。
今年初めて花を咲かせた。



f0140087_11472916.jpg



f0140087_11474002.jpg




花が咲くのを確認したので、親しい友人に貰ってもらうことに。

まだ花が咲くのを確認していないが、
ハナモモと同じように実から育てたロウバイ(蝋梅)も貰ってもらう。
ロウバイは咲くのに5年ほどかかるらしいので、来年は咲くだろう。

ハナモモもロウバイも花期は過ぎたが、来年は楽しんでもらえると思う。


f0140087_12285808.jpg

2015.02.02 撮影







# by kappa-999 | 2018-04-07 00:05 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)




徒然に浮世の憂さを戯言に(阿呆の戯言・独り言)。

おぼしきこと言はぬは、腹ふくるるわざなれば、
筆にまかせつつ、あぢきなきすさびにて、かつ破り捨つべきものなれば、
人の見るべきにもあらず。
         (徒然草19段)



この国はかっては三権分立の民主主義国家だった。
世襲のアホボン一味が、いつの間にか三位一体の独裁国家に造り変えてしまい、
彼らの好き勝手を許してしまう国になっている。

世襲のアホボン一味とは、国有財産を私物化してお友達同士で分け合ったり、
都合の悪いことになれば官僚達に忖度させて、
公文書の改竄、書換、情報の隠蔽をし、国民を欺こうとする、あくどい詐欺師の集団のことである。

民主主義国家ではあってはならない公文書の改竄・書換は、歴史を歪め、歴史を修正することになる。
情報の隠ぺいも民主主義国家では決してあってはならなこと。

大嘘つきのアホボンがこの国の最高無責任者になってから、あってはならないことが次々に起こる。
大嘘をつく阿呆は度し難い悪人である。


f0140087_05540227.jpg
画像出所:既出


世襲のアホボン一味にとって、権力と利権を維持するためには何でもあり、
彼らに都合のいいように法律を改正し、
憲法までも改正して権力を私物化しようと企んでいる。

立法・司法・行政の権力が三位一体となってしまったこの国は、
世襲のアホボンによって破壊され続けている。
それでも支持率が30%を割らない不思議。


f0140087_14025047.jpg
画像出所:http://my.shadowcity.jp/index_2.html


マスコミもアホボンに籠絡されてしまい、権力者の太鼓持ちになり、
太鼓叩いて笛吹いて国民を洗脳する片棒を担いでいる。
マスコミの果たす役割を忘れ去っているし、矜持もない。

f0140087_05403090.jpg
画像出所:twitter

権力を持った者が好き勝手をする何でもありのこの国は、国家の体をなしていないのでは。




阿呆は自分以外の人間はすべて阿呆だと思ってる。
通常人は自分は阿呆でないから通常だと思っている。
No medicine can cure folly. 


f0140087_16580229.jpg

         

# by kappa-999 | 2018-04-06 18:00 | 戯言・独言@河童




ネタ切れかと思った庭の花だが、隅っこで咲いていた花があった。
格子なき牢獄に入るまでブログを続けられそうだ。



ハナニラの花言葉は「悲しい別れ」「卑劣」「愛しい人」「恨み」「耐える愛」


f0140087_14531305.jpg




スミレの花言葉は、「小さな愛」「誠実」「小さな幸せ」  (白)「誠実」「謙遜」「あどけない恋」「無邪気な恋」


f0140087_14532588.jpg




咲き終わった南山スミレ(3/29撮影)


f0140087_15203209.jpg




娑婆にいるのも後2日、入院の日が近づくにつれて憂鬱な気分になってくる。
若い時にはエイヤーと気力で乗り越えたが、後期高齢者の年ともなると体力も落ち、気力も沸いてこない。
手術することが面倒だという思いが強くなる。

タバコが肺癌の原因の一つだとすれば、自業自得。
そうは言っても、なんで私が肺癌にという思いと悔しさは残る。

思うようにならないのは相場と人生。




# by kappa-999 | 2018-04-06 00:05 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)