2013.02.07 今日の一枚。 【イギリス組曲 (J・S・バッハ作曲】





     この二枚のCDは98年3月に購入しているが、それ以降何回か聴いてお蔵入り。
     15年ぶりに聴くことになる。
     久々に聞いてもチェンバロによる「イギリス組曲」の方が好みに合う。



          チェンバロで聴く【イギリス組曲】

                 グスタフ・レオンハルト (チェンバロ)


f0140087_2054557.jpg





                        チェンバロの奏でる響きは洗練された美しさが極立ち、説得力に富む。
                        レオンハルトの探究心に裏打ちされた名盤の復活である。 (帯より)





          ピアノで聴く【イギリス組曲】

                 マレイ・ペライア (ピアノ)


f0140087_20541984.jpg




                            ペライアのバッハ初レコーディング(7/9-14/1997)




         なぜ「イギリス組曲」と呼ばれたのかは定かでない。
         最初のバッハ伝を書いたフォルケルは「ある高貴なイギリス人のために作られたので、
         イギリス組曲の名で呼ばれるようになった」と主張しているが確たる証拠があるのではない。

         バッハ自身が自作品を「フランス組曲」とか「イギリス組曲」とか呼んでいない。
         バッハは「フランス組曲」をチェンバロのための演奏曲と呼び、
         「イギリス組曲」をプレリュード付の組曲集と呼んだ。
         単純明快な区別は、プレリュードがあるかないかで「フランス組曲」にはプレリュードがない。





[PR]
by kappa-999 | 2013-02-07 21:20 | 今日の一枚@河童