2015.05.09 ユキノシタ




ユキノシタ科ユキノシタ属の植物

食べたことは無いが、天ぷらなどにして賞味される「白雪揚げ」、

茹でて水にさらしたものをゴマあえや辛子あえにして食べるなど食用になる植物。

繁殖力の強い植物で直ぐに広がってしまう。

花言葉は、「愛情」「好感」「切実な愛情」「軽口」「無駄」



f0140087_645938.jpg


f0140087_647598.jpg



ユキノシタは生薬としても利用される。

虎耳草(こじそう)という民間薬で、その葉をあぶり腫れものなどの消炎に用いた。凍傷や火傷にも使える]。また、葉のしぼり汁は耳だれ、中耳炎、漆によるかぶれ、虫刺されなどに効く。小児のひきつけ(痙攣)には小さじ5杯ほどの生葉のしぼり汁が効くとされる。風邪にはユキノシタの葉20g、氷砂糖、ショウガ1片を加えて煎じて飲むと良い。乾燥させた茎や葉は、煎じて解熱・解毒に利用する。 (wikipedia)



by kappa-999 | 2015-05-09 07:01 | 季節の花