2016.12.23 ラシックスが効いている。


ラシックスを飲み始めてから3キロほど体重は減った(水分が3キロ排出されただけだが)ためだろう、
息苦しさとその後に起こっていた胸痛の頻度が少なくなってきている。


快晴だが、台風並みの風が吹く。夕方にはおさまる。

久しぶりにマルナカへ買物にでる。
3階の駐車場からエレベターで一階へ降りATMへ。
ATMから20mほど歩いた頃から軽い胸痛が起こりだし(息苦しさはなし)、ニトロを飲む。

この後は胸痛も起こらず、ホームカミングデーで上京した時に悩まされた息苦しさもなく買物を続けられた。
(ただ脊柱管狭窄症の痛みからは解放されない)

3キロの水分の排出で心不全が劇的とは言えないが改善されている。
体重増加が心不全の一因なのだろ。
これからは、食事制限をし、ダイエットを心掛けて心不全を改善していかなければならない。


*心不全とは、心臓の機能が低下している状態の総称をいい、「病名」ではなく「状態」を指す言葉。
*心不全は不可逆的で治らない。


CDラックを掃除していたらバッハの「クリスマス・オラトリオ」を見つける。
マタイ受難曲、ヨハネ受難曲、ミサ曲ロ短調とともに
バッハの4大宗教曲の一つだが、明日12/24に聴こうと思っている。


f0140087_2257457.jpg

f0140087_22571647.jpg

(リヒター指揮でのクリスマス・オラトリオを聴きたいと思いながら買いそびれてしまっている)


大晦日はマタイ受難曲を、クリスマスにはクリスマス・オラトリオを聴く習慣にしていたのだが、
クラッシックを聴くには相当の忍耐力を要するので、齢をとるにつれて聴かなくなり、齢とともにこの習慣もなくしていた。

このクリスマス・オラトリオもCD3枚だから聴き通すには約2時間ほどかかり、
聴き通すのには忍耐力を要する曲になる。

マタイ受難曲も長い間聴いていないので、今年は大晦日に聴こうと思う。
この曲もCD3枚で3時間はかかる。
ベートーベンの交響曲第9番も聴いていないので、代替の曲として久しぶり聴いてもいいかなとも思う。

こうやって書いていると、無性にバッハを聴きたくなってきた。





[PR]
by kappa-999 | 2016-12-23 22:58 | 健康@河童