2018.08.04 708号室





入院したときは、呼吸器内科の病棟8階の68号室。
ここで1ヵ月。
転院先の病院で1ヵ月。
転院先から出戻って、外科の病棟7階708号室に入院して1ヵ月。

窓外から音がする。
ベッドを少しあげて音のする方向を見ると、
距離があるため小さいが打ち上げ花火が吉野川の方向に観える。
連続して打ち上げされる花火は綺麗である。
しばし、入院の無聊を慰めてくれる。

入院で4ヵ月目にはいる。
手術は成功し、10日ほどで退院できると言われていたのに、話しが違う。
巫山戯がすぎる。
術後の処置が間違えている。
成功ではない、失敗だろう。
タイヤではない。空気が漏れれば肺でもない。

手術まえには、毎日病室に来ていた主治医だが
失敗と分かってから病室に顔をみせなくなった。
セコイ医者である。
失敗と認めたくなさそうな態度だから、嫌になる。
空気漏れを起こすことがあることを事前に伝えているから
失敗ではないと思っているようだ。


部下?になる若い医者が、毎日肺の洗浄に来るが
真面目で、熱心、勉強も良くしているから、
安心できる。

彼のことを、私は神の手持った男とよんでいる。

早く元気にならないと軍資金が涸渇する
金の切れ目が命の切れ目にならことを祈る。


[PR]
トラックバックURL : https://kappakawat.exblog.jp/tb/29973516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2018-08-08 17:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-08-14 10:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kappa-999 | 2018-08-04 21:52 | 健康@河童 | Trackback | Comments(2)