熱帯・亜熱帯を中心に全世界の海洋に分布するが、南極海には分布しない。生活形態は種類によって異な
り、ヒメウミガメやタイマイのように沿岸からあまり離れないものと、アカウミガメやオサガメのように外洋を長
距離にわたって回遊するものとがいる。



f0140087_13214910.jpg



f0140087_13221082.jpg

f0140087_13222276.jpg

f0140087_13223675.jpg

                                                                                     ↑ クリックで拡大します。

f0140087_13225287.jpg



               ウミガメの剥製

f0140087_13235358.jpg

f0140087_13244324.jpg

f0140087_13242974.jpg

f0140087_13241039.jpg

f0140087_1324572.jpg



               水槽内を泳ぐウミガメ

f0140087_1326867.jpg

f0140087_1326266.jpg
f0140087_13264217.jpg



f0140087_13265737.jpg

f0140087_13272025.jpg


More うみがめ博物館つづき
by kappa-999 | 2010-02-20 13:39 | ウミガメの町

     
大浜海岸(おおはまかいがん)は、徳島県海部郡美波町(旧日和佐町)日和佐浦に位置する延長約500mの砂浜である。
名前は「大きな浜」であることに由来し、日和佐川河口の近くは小浜と呼ばれる。ウミガメの産卵地として名高く、1967年8月16日に大浜海岸のウミガメおよび産卵地の名前で国の天然記念物に指定された。1996年7月10日には日本の渚百選に選定。


f0140087_747099.jpg



f0140087_7471882.jpg

f0140087_7473130.jpg

f0140087_7474852.jpg




美波町日和佐の大浜海岸では、毎年5月中旬から8月中旬にかけて、アカウミガメが産卵のため上陸する。
この期間中、午後8時ごろから午前3時ごろにかけて、上陸する時間が最も多い。6月下旬から7月下旬にかけてが、産卵上陸のピークになり、5月20日から8月20日にかけて、ウミガメ保護のため大浜海岸への立ち入りが規制される。



f0140087_7481775.jpg


f0140087_7483933.jpg

    
     
    
by kappa-999 | 2010-02-20 07:51 | ウミガメの町

    
美波町は、平成18年3月31日、日和佐町と由岐町が合併して、誕生。


f0140087_51545.jpg

                                                      

日和佐城(阿波十城の一つだが模擬天守閣)


f0140087_5152778.jpg




日和佐町

f0140087_515432.jpg

f0140087_5155725.jpg

f0140087_5161477.jpg




2008.01.17 四国霊場第二十三番 薬王寺
   
厄払いの寺として毎年大勢の参拝客が訪れる(初詣客で大混雑するため毎年その時期を避けて参拝)。


f0140087_5205462.jpg


f0140087_5211073.jpg



三門の大草鞋

f0140087_5212521.jpg


お御籤を引くとまたも運気は大吉

f0140087_521481.jpg


f0140087_522854.jpg




日和佐駅と道の駅”日和佐”

f0140087_5322883.jpg


f0140087_5325229.jpg

f0140087_5331172.jpg



f0140087_535194.jpg

f0140087_5351454.jpg

f0140087_535318.jpg

f0140087_5354330.jpg

f0140087_536152.jpg

f0140087_5361778.jpg

f0140087_5363129.jpg



日和佐町は”ウミガメ”が産卵のために上陸する町としても有名。
    
    
    


  
by kappa-999 | 2010-02-20 05:43 | ウミガメの町