カテゴリ:健康@河童( 52 )

2018.04.12 入院四日目



格子なき牢獄の生活も四日目に入る。
足と腰の痛みは良くならないが、以前のように仰向けになっても、
横になっても痛かった、どうしようもない時よりは楽になっている。

昨日は、手術の説明。今日は麻酔とICUについての説明。
説明が終われば、同意書に署名。

4日間、点滴に繋がれていたので入浴ができなかったが、
一時的に点滴から開放され、シャワーをする。
久しぶりにリラックスできた気分。

今、歯科から歯科衛生士が来て、口腔内には細菌が沢山いるので
感染症予防のために、手術室に入る前に歯の手入れをするとのこと。
手術まえに歯科が介入するのは初めての経験。


f0140087_17301970.jpg


いまの病院の設備はビジネス・ホテルと似たようなもの。
部屋は個室でトイレ付きで6,400円。
以前によく利用した病院はバス・トイレ付きで5,500だから少し高い気がする。

手術は内視鏡を使うが全身麻酔。
3~4cm程度の切り口を3ヵ所開ける。
右肺の下葉部分(右肺の1/2)を切り取る。

術後はICUに入り、調子が良ければ二日程度で病室に帰る。

3時間程度の手術。

肺の一部が切り取られたために、術後直ぐにリハビリが必要。
このリハビリが結構シンドいらしい。



4/12 夕食。 病院食とはいえ、鳥の餌よりはましか。



f0140087_18300365.jpg



病院食と言えば、昔はまずい食事の代表格だった。
そんな中で、35年ほど前の大学病院の食事は美味しかった。
ちらし寿司、鰻丼、カレー、天麩羅、丼物、ミカンやリンゴなどはまるまる1個、バナナは一房出てきて
けち臭く無かった。
外注になってから、味もボリュームも変わっているのでは。




by kappa-999 | 2018-04-12 22:34 | 健康@河童



予約時間(12:00)より40分ほど早く病院に着いてしまう。
問診票を書き、検査室に。
まず、血糖値の検査、
150以上の場合は写りが悪くなるために中止になるらしい。
朝6時から絶食しているためか血糖値は107。

体重をはかり、検査着に着替え、
造影剤の注射。

この造影剤は放射性同位元素が入った放射性物質。
放射能が出るため、
注意書には
「検査終了後はどこにもよらずに帰宅してください。
人混みは避けてください。
乳幼児や妊婦には近づかないでください。」とある。


PET検査に用いるFDGからは放射線(γ線)が放出されますので、
検査を受けることで、わずかではありますが、被ばくします。(PET検査 1回:約2.2msv)

しかし、その量は、地球上で普通に生活していて1年間に受ける放射線の量(1人あたり 約2.2msv/年間日本平均)とほぼ同じと考えられ、
PET検査による被ばくは、人体にほとんど影響がないと言われています。 
出典:http://www.pet-net.jp/pet_html/treat/radioactivity.html 


f0140087_17081364.jpg




造影剤の注射が終われば、30分程度ベッド安静に。
その間にペットボトル500mlの水を飲む。
安静が終われば、トイレを済まし造影室に入る。

大きさは通常のCTより少し大きいくらいか、形状は同じ。
造影終了まで20分くらいかかる。

普通のCTの場合には、「息を吸って止めて」とか指示されるが、
PET-CTは無言のまま造影していく。
足から頭の方向へと動いていく。
何回か定位置で数分間止まり、頭がドームから出たとこくらいで終了。

造影が終わったあとは、30分ほどの休憩を取らされ解放される。
造影する時間よりも安静にしている時間の方が長い不思議な検査。

この造影剤、保険適用前は10万円(心筋シンチも同じ値段)と高価だったが、
保険適用になり3割負担で3万円、1割、2割負担で1万円、2万円になり日本の保険制度はありがたい。

朝6時から絶食のため、帰りに「はやしのお好み焼き」を食そうと思っていたが、コンビニ弁当で済ます。
帰宅すると、保育園が早く終わったのだろう娘が孫を連れて来ていた。
娘と孫は来たばかりだったのだが、直ぐ帰らせる。

体調に変化なし。

14日は、造影CTとPET-CTの検査結果の説明。
まだまだ、検査は続く。



f0140087_00060420.jpg









by kappa-999 | 2018-03-13 00:04 | 健康@河童

2018.01.17~ interval




f0140087_01104911.jpg



Under Construction

脊柱管狭窄症の手術が終わるまでinterval

この間に過去の記事を整理しています。



 手術までの記録

2018.01.09 大学病院への紹介状をT整形外科病院に依頼する。

2018.01.17 咳と痰とが酷いので呼吸器内科を受診。レントゲン検査で右肺に2.3cmの影がみつかる。

2018.01.18 K病院循環器内科で胸部CTをとる。1.5cmの影。

2018.01.22 かかりつけ医でインフルエンザ検査 陰性

2018.01.23 T整形外科の紹介状をもって大学整形外科を受診。半年待ちといわれたが、3/24に入院し3/26に手術すると連絡が入る。

2018.01.25 K呼吸器内科の紹介状をもって大学病院呼吸器科受診。入院検査をいわれる。

2018.01.26 かかりつけ医で点滴

2018.01.30  足がパンパンに腫れていたのでK病院循環器科を受診。レントゲン、心電図、心エコー異常なし。
       利尿剤ラシックスを処方される。
       この足の浮腫みが足腰の痛みを増幅させていたのだろう、動けば痛むし、横になるのも、
      あおむけになっても痛みが酷くなり、 眠れなくなる
     
       椅子にも.たれて寝るのが痛みが少ないので、椅子にもたれて寝ていたため、寝不足が続く。
       ストレスがたまる一方。
       そのうちに足の浮腫が引いていくたびに、痛みはだんだんと引いて行ったのだが。

      なぜ足が浮腫んだのか。多分。頻脈性心房細動のマインテートをかかりつけ医に処方されていたからだろう。
      マインテートの副作用に早く気が付いておれば苦しまなくてすんでいたのに。

      以前のCTには何も映ってない場所に今回は影が鮮明に写っていた。

2018.01.31 痛みに耐えられずT整形系外科を受診。腰にステロイドの注射をするが効き目なし。

2018.02.02 yペインクリニックで仙骨ブロック注射をするが効果なし。

201802.07~2018.02.10 大学病院呼吸器科に検査入院。このときは、足・腰が最高に痛かったときだった。
          
             ストレスも最高。入院すべきでなかった。
             整形外科の入院を最優先させなかったのを後悔する。

2018.02.10  トラブルが起こり検査せずに大学病院呼吸器科を退院。
       (無意識にのうちに、痛みで体制を変えようとしたときにベッドから落ちたのだろう。
       頭を2ヵ所打つ、たんこぶと出血していたというが、ベッドから落ちた以降の記憶が失われていた。
       ベットから落ちパニクになったのだろう、落ちたショックで看護師も医者も制御できぬ状態になり、
       わけのわからぬままに家族がよばれ帰宅させられた。

       無意識のうちに、私はこの病院から逃げ出しい妄想につかれたので相当悪態をつたかもしれないい。
       看護師や・医師に相当悪態をついたかもしれないい。
       家族が呼ばれ大分落ち着いてきたようだったが、
       なぜか病院にいれば殺されるという妄想が浮かび逃げだしたかった。

       気持ちの悪いのはパニック状態になってからの記憶がほとんどないことである。)

2018.02.16 こんな中途半端な状態で大学病院を追いだされ、途方に暮れていたのだが、かかりつけ医と相談することに。
       もう大学病院は見てくれないので、.設備の整った他の病院を紹介すると言ってくれた。一安心である。
       病院では痛みが続いていたので、軽いうつ状態になっていた上に
       薬の副作用(多分睡眠導入剤)でパニック状態になったのではとかかりつけ医はいう。

2018.02.20 大学病院呼吸器科から今日が外来の日だが来なかったですねと連絡が入る。今日が外来の日だとは聞いていないかった。
       誰かと相談されましたかというので、かかりつけ医と相談していますと伝えると、2/26の整形外科外来に
       連絡しておきます。もう呼吸器科とは関係もないのに何を伝えるというのだろうか。
       今後のことはかかりつけ医にまかせることにする。

         後日、呼吸器科から電話があり再度入院のお誘いの電話がある。点滴の期間も短くするからとのこと。
         丁重に、入院のお誘いを断る。(普通の状態でない人間を追い出しておいて何をいまさら・・・・・・)

2018.02.21 かかりつけ医から.新しい病院への紹介状ができ、相手の病院から3/6に外来が決まったという連絡を受ける。
       これで前に進める。

2018.02.26 整形外科外来予定(10:45)
       手術をするのを避けたいらしく延期になるかも(循環器内科は可能だというのに)
       なぜか足の痛みは引いて(ラシックスが効いたか)、歩くと腰のだるさが酷く体が支えられない。
       当たらしく開発したという腰痛用のコルセットを1週間試すことに。
       来週、整形外科受診予約

2018.03.02 K病院循環器内科で6ヵ月ごとのペースメーカーの検査

2018.03.05 大学病院整形外科

2018.03.06 県立中央病院癌検査初診

2018.03.24 整形外科入院予定 中止する。 

201803.26 脊柱管狭窄症手術予定中止する。





癌検査は手術が終われば、ゆっくり検査をすればよい。
死に至る病は癌だけではない。じたばたしてもはじまらない。
相対的生存率5年。叔父のように1年で死ぬこともある。人それぞれである。
人生には自分ではどうしようもないこと、どうすることもできないことがある。
成り行きにまかせるしかない。







阿呆は自分以外の人間はすべて阿呆だと思ってる。
通常人は自分は阿呆でないから通常だと思っている。
No medicine can cure folly.
 
f0140087_05582982.jpg










2018.01.21 ”はるか”と”リョウ”


f0140087_08373838.jpg





f0140087_08333425.jpg






by kappa-999 | 2018-01-17 21:54 | 健康@河童

2018.01.13 1:25amのできごと




徒然に浮世の憂さを戯言に(阿呆の戯言・独り言)。

おぼしきこと言はぬは、腹ふくるるわざなれば、
筆にまかせつつ、あぢきなきすさびにて、かつ破り捨つべきものなれば、
人の見るべきにもあらず。
         (徒然草19段





左腰の痛みで目が覚める。
寝返りしたのだろう、いつのまにか、体の左側を下にして寝ていた。
体を下にして寝ると激痛が起こる。

仰向けになると徐々に痛みにが和らいでくる。
左右いずれも下にして寝るとやっかいなことになるが、無意識の寝返りだから防ようがない。
鎮痛剤を飲み忘れると、こういうことになる。

尿意を催しトイレれに行くのが一苦労である。痛みを我慢して、伝い歩きである。
それと同時に息切れが起こり胸が苦しくなってくる。血圧上昇、脈拍は100を超えるとがある。
心臓が苦しいのは心臓弁膜症による血流が逆流しているからかもしれない

トイレから戻るとニトロで心臓を抑え、座薬のボルタレンを使用するとことで痛みを引かせると、楽になってくる。



天涯の花”キレンゲショウマ” (2008.07.08)

f0140087_03025840.jpg





6年前に症状が出始めたが。段々とひどくなり、今では痛みで歩けず一苦労。
完全には治らないと聞いて躊躇していた手術だが。手術を決意する。
早く形をつけたいが、暖かくなるまでに手術ができれば御の字だろう。


私の場合は、体調を考えれば体に負担のかからない内視鏡による手術になるのではないだろうか。
狭心症、心筋梗塞、ペースメーカー。心エコーでは心臓の機能は50%に落ちているし、ペスメカーを埋め込んでいる体だから
手術ができるか不安ではある。
35年間で45回も入院していると、入院に慣れるというよりもメンドクサイのが先に立つ。
何回手術しても入院しても慣れることはない。


”りょう”と散歩ができないのがつらい。


天涯の花”キレンゲショマ” (2008.07.08)

f0140087_03023743.jpg



阿呆は自分以外の人間はすべて阿呆だと思ってる。
通常人は自分は阿呆でないから通常だと思っている。
No medicine can cure folly. 

f0140087_18312197.jpg




         

by kappa-999 | 2018-01-13 06:00 | 健康@河童





f0140087_00262483.jpg


f0140087_00263414.jpg


3年か4年ぶりの大学病院整形外科を受診する。
毎年1回は定期健診をしなければならないのだが、大学病院特有の横柄な受付と、
予約をしても時間通りに診察を受けたことがなく、
1時間待たされるのは普通で、それ以上の時間待たされるのがいやで、開業医のところで検査を受けていた。
大学病院で検査を受けていても、悪くなれば最終的に再手術になるだけで、元の体には戻ることはないのが、大学病院に行かなくなった理由。
ステロイド剤の副作用(60mgのパルス療法を2回受け、飲み出してから3年目に発病)で大腿骨頭壊死になり、両側人工骨頭置換手術を受けて32年になる。
耐用年数10年といわれ、生きているうちに1度は再手術になると言われていたが、
今回のレントゲンの結果では、平均寿命まで持つかもしれないとのこと。


f0140087_01290289.jpg
↑3年前のレントゲン写真
受付の不手際で、順番は飛ばされ2時間以上待たされたので頭にきてしまい、
診察を受けずにレントゲン写真をもらって開業医のところで診察を受ける。
手術しなければ小回りの利かない大学病院のメリットは少ない。時間の無駄。


レントゲン写真では緩みもなく綺麗だという。
骨盤と人工骨頭の間の緩衝材の役目を果たす軟骨も擦り減らず残っているし、
何よりも軟骨と人工骨頭の間に隙間がある(潤滑油の役割)のがすごいとのこと。
この型式の人工骨頭で32年持つのも珍しいらしい。
生活するうえで特に制限することはないと言われる。
大学病院へは数年に1度の検査でよいとのこと。

手術前には、走ることは駄目、重いものを持つことも駄目、正座は駄目などなど制限事項を
いろいろと言われたが、まともに守ったのは数年だけ。
無茶を結構してきたが、それでも32年持ったことに感謝。

今は心臓(心臓弁膜症の疑い)よりも脊柱管狭窄症の痛みを何とかしたいが、手術をすべきかどうか迷っている。
35年間で全身麻酔で4回の手術、狭心症(ステント8個挿入)、心筋梗塞、SLE、水腎症、心外膜炎、腎臓結石、心臓機能不全でペースメーカの埋め込み等々で
45回入院(6ヵ月が二回、3ヵ月、2ヵ月、1ヵ月、狭心症と心臓カテーテルの場合は平均4日で入院回数を稼いで23回)しているので、
若かったら即決断できるのだが、陰気な入院生活を思うとシクナンでしまう。

40歳で難病に憑りつかれ、34年間も生かされてきた悪運の強い男だが、まだまだ悪運が続くことを願う。


(追記)
老朽化のため診療棟は建て替えられ綺麗になったが、診療の中身も充実しただろうか。
病気と人を見るよりパソコンの数値を眺めるだけの医者が多くなったなったように思える。
質が落ちたという評判を聞くこともあったが、
研修医制度以前のほうが信頼できる医者が多かったように思うのは歳をとったためか。




最近、ブログをアップする気力が沸いてこないが、久しぶりにアップする。


by kappa-999 | 2017-11-23 01:47 | 健康@河童



55kg~56kgの間で推移していた体重が、目標の55kgになる。
一昨年、心不全で入院したときに体重(65kg)をへらすこと、塩分は絶対厳禁をいわれた。
塩分のほうは気をつけながら食事をしているが、絶対はむりである。
塩分ゼロは考えられない。

検査数値からみて透析なるのは10年先だろう。生きているかどうもわからない。
性欲も物欲もなくなくなった現在、食事は美味しく食べたい。

体重が減ったためだろう、狭心症の発作も少なくなり、息苦しさも良くなってきている。
Hba1cも7.7から6.7に、いいことずくめ。

55kgから56kgの範囲で体重を維持する生活を心掛けたい。

長生きをするためではない。
長生きをすればするほど、生き恥をさらすことになるから長生きはしたくない。
生きているかぎりは健康でいたいためである。

多分、あと2年は、75歳までは生きられると思う。

平均10年程度しか生きないと言われ、心筋梗塞を起こしても生きている悪運の強い男だから
100歳まで生きるもしれない。
生き恥をさらしてまで生きたくないのだが。



f0140087_19201776.jpg







by kappa-999 | 2017-07-21 00:11 | 健康@河童





病院に行っても良くなる病気でもないので、痛いとか苦しいとか自覚症状がない限り
病院へ行くのが億劫になり、定期検診もパスをしてきたが、
近頃、起床時でも息苦しいのでファミリー・ドクターを受診・検査。

昨年12月に胸痛と息苦しさとでカテーテル検査をうけたが、狭窄も再狭窄もはなかったので
心不全ということでラシックス(利尿剤)を処方され退院する。
COPD疑いということでスピリーバを処方されるが息苦しさは消えず。

ラシッシクスの処方当初は、胸痛も息苦しさも起こらなかったが、
ラシックスの効果が薄れてくる(尿の回数の減少)つれて、胸痛をともなう息苦しさが起こりだす。
念のために心電図をとるが、現時点では狭心症、心筋梗塞の兆候はなし。

カテーテル検査では冠動脈などの太い血管の狭窄は分っても、
冠動脈から枝分かれした細い血管の狭窄は見つけにくいらしいので、
とりあえずシグマートとアイトロールを追加して血管を広げることに。
シグマートとアイトロールは大学病院で処方されていた薬(K病院に転院してから中止)。

血液検査の結果、CRP定性(+1)、白血球数が12000に増加。
感染症か炎症を起こしている疑いがあるとドクターから電話があり、夕食後に再受診。

血液検査の結果は、予想していたように悪かった。
腎機能の低下、貧血、尿酸値の基準値超え、HbA1c7.1と糖尿病の領域へ
糖尿病は、検査数値よりも悪くなっているという。


とりあえず腎性貧血の治療薬の皮下注射と抗生物質の点滴。

血液検査の悪化は、昨年二月に心不全で入院した時に処方されたラシックスの服用後の検査でもみられたので
ラシックスの服用をやめれば検査数値は良くなってくると思う。

ラシックスは、通常、むくみをとるための薬だが、
私の場合は、むくみがないので体重減少に使われたのかもしれない。
服用後、2~3kg体重減少(水分減少?)。

糖尿病の領域に入ったこともあるが、体重を減らす効果のある糖尿病薬ルセフィ錠2.5mg追加。

ファミリー・ドクターも心配しているのは、腎機能の低下。
検査では年々低下している。

昨年12月に入院した時には塩分厳禁(心臓にも悪い)をいわれ、近い将来透析になると脅されたが、
腎臓の検査もしていないのに血液検査だけでは根拠薄弱。

齢とともに腎機能は低下していき、機能が回復することのない腎臓病は厄介だが、
クレアチニンの数値をみれば、あと10年くらいはもちそうである。

まぐれで、後10年生きることはありうるが、透析だけは勘弁してほしいものだ。
いい加減なところで彼岸に渡りたいが、思うようにはいかないのが人生。
人生とは不便である。

塩分制限と糖質制限。
味気ない腎臓病食とカロリーを気にしながら食べる糖尿病食。
物欲も性欲もなくなった今、食欲まで奪われたら、
後どのくらい生きるかわからないが、残りの人生は味気ないものになる。

多分、食養生はできないと思うし、する気もない。





無性に蕎麦が食べたくなって、最近、近くにできた日本蕎麦の店で蕎麦を食べてから病院に行く予定にしていたら
蕎麦屋は定休日。

仕方がないので蕎麦屋の近くにある喫茶店に。
身体によくない物を注文。
分っちゃいるけど止められない。


f0140087_23305025.jpg
黒毛和牛のハンバーグ包み


         


by kappa-999 | 2017-02-15 00:01 | 健康@河童


ラシックスを飲み始めてから3キロほど体重は減った(水分が3キロ排出されただけだが)ためだろう、
息苦しさとその後に起こっていた胸痛の頻度が少なくなってきている。


快晴だが、台風並みの風が吹く。夕方にはおさまる。

久しぶりにマルナカへ買物にでる。
3階の駐車場からエレベターで一階へ降りATMへ。
ATMから20mほど歩いた頃から軽い胸痛が起こりだし(息苦しさはなし)、ニトロを飲む。

この後は胸痛も起こらず、ホームカミングデーで上京した時に悩まされた息苦しさもなく買物を続けられた。
(ただ脊柱管狭窄症の痛みからは解放されない)

3キロの水分の排出で心不全が劇的とは言えないが改善されている。
体重増加が心不全の一因なのだろ。
これからは、食事制限をし、ダイエットを心掛けて心不全を改善していかなければならない。


*心不全とは、心臓の機能が低下している状態の総称をいい、「病名」ではなく「状態」を指す言葉。
*心不全は不可逆的で治らない。


CDラックを掃除していたらバッハの「クリスマス・オラトリオ」を見つける。
マタイ受難曲、ヨハネ受難曲、ミサ曲ロ短調とともに
バッハの4大宗教曲の一つだが、明日12/24に聴こうと思っている。


f0140087_2257457.jpg

f0140087_22571647.jpg

(リヒター指揮でのクリスマス・オラトリオを聴きたいと思いながら買いそびれてしまっている)


大晦日はマタイ受難曲を、クリスマスにはクリスマス・オラトリオを聴く習慣にしていたのだが、
クラッシックを聴くには相当の忍耐力を要するので、齢をとるにつれて聴かなくなり、齢とともにこの習慣もなくしていた。

このクリスマス・オラトリオもCD3枚だから聴き通すには約2時間ほどかかり、
聴き通すのには忍耐力を要する曲になる。

マタイ受難曲も長い間聴いていないので、今年は大晦日に聴こうと思う。
この曲もCD3枚で3時間はかかる。
ベートーベンの交響曲第9番も聴いていないので、代替の曲として久しぶり聴いてもいいかなとも思う。

こうやって書いていると、無性にバッハを聴きたくなってきた。





by kappa-999 | 2016-12-23 22:58 | 健康@河童


検査の結果、狭窄は見つからず退院する。
病名ではないが、息苦しさと胸痛は心不全のためだという。
心不全という言葉は、曖昧で漠然としていてつかみどころがない。

心筋梗塞の結果としての左心室拡大と腎臓機能低下により水分が排出されないために、
心不全状態になったのだというのがドクターの説明。
そして、進行すれば透析になるので、塩分摂取厳禁をいわれる。

何時の間にか慢性腎炎にされているが
8月の検査までは、クレアチニンも尿素窒素も基準値以内だったので腑に落ちない。
(9、10、11月は、クレアチニンは1.20、尿素窒素が22.4程度で悪くはなっているが)

この病院に入院した時の血液検査では、腎機能の数値は、いつも低下している。
基礎疾患のSLEという病気は、腎機能が低下し、腎不全になるのだが、
この先入観と入院時の数値により慢性腎炎にしているのではと思ったりもする。

とりあえずラシックスという利尿剤を服用することにより、体外に余分な水分を排出することになる。
ラシックスはダイエットに使えるということで、入院する二、三日前に飲み始めていたためか、
5日程度で2.5キロ体重が減少している。

体重減少(水分の減少)の結果だろう胸痛がなくなった。
息苦しさは身体を動かしていないので、その効果はわからないが
息苦しさも治っていれば心不全ということになるのだろう。

何はともあれ、2泊3日の入院ですんで良かった


退院時(12/22)の朝食。
何故か牛乳は毎日ついてくる。
タクアンではなくてパイナップル。

f0140087_22555455.jpg



検査後の食事は、右肘からカテーテルを入れて検査しているので、
止血のために固定されるので右手が使えない。
そのために、食べやすいようにオニギリ、おかずは楊枝で串刺しにされている。
冬至だったのでカボチャが。

f0140087_2256670.jpg


f0140087_22562344.jpg




by kappa-999 | 2016-12-22 23:09 | 健康@河童


朝も絶食かと思っていたが、昼食が延食だった。


f0140087_118146.jpg



11時からの予定だが、今、20分。
前の人の検査に時間がかかっているのだろう。

安定剤を飲まされているので、少しフラフラする。

手首からしていたが、血管が細くなってきたのだろう
肘からカテーテルをするようだ。

何回やっても慣れない検査。

PTCAになれば、退院は明後日、
心臓カテーテルだけですめば、明日退院できる。

なにごともなければいいのだが。


by kappa-999 | 2016-12-21 11:33 | 健康@河童