2016.11.28 山茶花


アマゾンで『安倍でもわかる政治思想入門』を注文をしたが、発送が12/11頃になるという。
普段であれば二、三日でくるのだが。



f0140087_15154694.jpg

窓から見えた山茶花。久しぶりに庭に出て撮る。



f0140087_1516275.jpg



f0140087_15161877.jpg

ガーベラも咲いていた。



 
f0140087_15514738.jpg


コメット(金魚の一種)も元気に遊泳していた。 

 
    
by kappa-999 | 2016-11-28 15:33 | 季節の花

2016.11.26 今年の収穫。


今年のミカンの収穫は267個。
例年に比べて数は多いが、小ぶりなミカン。
ミカンは小さい方が甘いというが、まだ試食していない。


f0140087_16305680.jpgf0140087_16311215.jpg



兄の庭になっていた渋柿をもらい、干し柿にする。


f0140087_16314484.jpg





by kappa-999 | 2016-11-26 16:40 | 季節の花


小田原からは新幹線を利用し品川で京急に乗り換えて羽田空港まで行くつもりだったが、
カミサンが東京駅がリニューアルされていることを思い出したので、行先を東京駅に変更。
丸の内側に出たが工事中だったので、東京駅の全景を撮らず。


雑踏をPicasaでカットした東京駅


f0140087_0395928.jpg


f0140087_0402651.jpg


f0140087_040532.jpg




More 新幹線「小田原駅」 
by kappa-999 | 2016-11-09 16:22 | ホームカミングデー


f0140087_20213233.jpg



f0140087_2022615.jpg


f0140087_20223356.jpg



銅門から常盤木門へ。


f0140087_20233078.jpg


f0140087_2023547.jpg


f0140087_2024790.jpg


f0140087_20242897.jpg


f0140087_20244563.jpg



本丸へ


f0140087_20256100.jpg




馬屋曲輪からの常盤木門


f0140087_20263340.jpg




More 小田原城後記。
by kappa-999 | 2016-11-05 21:36 | 小田原城



f0140087_118393.jpg



f0140087_1151482.jpg



常盤木門から見る銅門(あかがねもん)


f0140087_1116586.jpg



f0140087_1185789.jpg


f0140087_11165089.jpg


f0140087_1192250.jpg




馬屋曲輪から見る銅門。


f0140087_1111982.jpg


左奥は常盤木門


by kappa-999 | 2016-11-05 11:20 | 小田原城



f0140087_16381777.jpg



学橋と隅櫓



f0140087_2114430.jpg


f0140087_21143791.jpg



f0140087_21145624.jpg


f0140087_21151130.jpg



f0140087_21163365.jpg



f0140087_21223320.jpg



住吉橋と銅門


f0140087_21193887.jpg


f0140087_2120422.jpg


f0140087_11334917.jpg


f0140087_2120233.jpg


f0140087_21184030.jpg



馬屋曲輪からみる銅門(奥は常盤木門)。


f0140087_2123578.jpg





by kappa-999 | 2016-11-04 21:38 | 小田原城

   

f0140087_1281861.jpg




小田原駅西口にある北条早雲の像

f0140087_20185190.jpg



小田原城(おだわらじょう)は、神奈川県小田原市にあった、戦国時代から江戸時代にかけての日本の城(平山城)で、北条氏の本拠地として有名である。江戸時代には小田原藩の藩庁があった。城跡は国の史跡に指定されている。


f0140087_1919259.jpg



f0140087_19193420.jpg



北入口から入って直ぐに見えてくる天守閣。
北口から入ると天守閣は近いし、正面入口まで下りになるので楽になる。


f0140087_19233082.jpg


タクシーから降りて歩き出したら、息切れと足腰の痛みがでてくる。
天守閣まで坂道で、昇ると酷くなり難儀する。

この時も小田原城に来たことを後悔するが、後の祭。
痛みに耐えながら前に進む。




f0140087_19331068.jpg


f0140087_19332338.jpg


f0140087_19362180.jpg


f0140087_19371673.jpg



f0140087_22002496.jpg



f0140087_19453127.jpg


f0140087_19485583.jpg


馬出門から見る天守閣

f0140087_2137193.jpg




別名
小峯城(小峰城)、小早川城(小早川館)
城郭構造
平山城
天守構造
複合式層塔型3重4階(1633年 築)
(1706年 再)
(1960年 RC造復興)
築城主
大森頼春
築城年
1417年(応永24年)
主な改修者
上杉氏、北条早雲、大久保忠世、稲葉正勝
主な城主
後北条氏、阿部氏、稲葉氏
大久保氏
廃城年
1871年(明治4年)
遺構
石垣、土塁、堀
指定文化財
国の史跡
再建造物
天守、門



北条氏は、居館を今の天守の周辺に置き、後背にあたる八幡山(現在の小田原高校がある場所)を詰の城としていた。だが、建築者は、不明である。 居館部については北条氏以前の大森氏以来のものとするのが通説であるが、大森氏時代にはより東海道に近く15世紀の遺構が実際に発掘されている現在の三の丸北堀付近にあったとする異説もある。3代当主北条氏康の時代には難攻不落、無敵のお城といわれ、上杉謙信や武田信玄の攻撃に耐えた。江戸時代に居館部が近世城郭へと改修され、現在の小田原城址の主郭部分となったが、八幡山は放置された。そのため、近世城郭と中世城郭が江戸期を通して並存し、現在も両方の遺構が残る全国的に見ても珍しい城郭である。(wikipediaより抜粋転載)
   


More 天守閣からの眺め
by kappa-999 | 2016-11-03 20:24 | 小田原城

なにか美味しい物、珍しい物を食べるつもりだったはずの旅行が、
脊柱管狭窄症の痛みや息苦しさで狭心症の発作が出たりで、計画していた観光ができず、
思うようにならない。
ホテルに帰っても疲れてしまっていて、食事に出る気力がわかず、
コンビニ弁当ですましたりで、自分が思っていた以上に体が動かないし気力も失せている。
食べたい物を探せない残念な旅行になる。



柴又帝釈天での食べたのは、川千屋の柳川鍋と高木屋老舗の草団子


f0140087_15363529.jpg


帝釈天の帰りに浅草の「駒形のどぜう」に寄ってみようかと思ったりしたが、
足腰の痛みが本格化しそうだし、寄り道は無理と思い、川千屋で柳川鍋を食す。

柳川鍋を食べるのは、これで2回目。
就職して3年目に上京した時に友人と食べたのが最初だった。
47年も前のことで味を忘れているが、美味しかった。
私の住む地方ではジョウを食べる習慣がないので珍しい食べ物になる。


↓の高木屋老舗の草団子も甘くて美味しい。

f0140087_1536313.jpg




学食で食べた大隈定食。
私の時代に比べメニューも豊富だし栄養価も考えられていて美味しくなっている。


f0140087_15392680.jpg



小田原駅構内にある立ち食いそば形式のセルフの店で食べた
「冷やしきつねうどんと天麩羅そば」

移動に費やす時間を考えて十分な時間をとってあったのだが
ここ小田原でも小田原城見物するのがやっとで、小田原市街を散策する気力も湧いてこない。
せっかく小田原まで来たのに、見物もできず東京まで引き返す。
残念。


↓口にあい、結構、美味しかった。

f0140087_15401761.jpg



無料クーポン券をもらったが、
使いようがない。   

f0140087_15405244.jpg



羽田空港で食べた蕎麦。

空港ビル内で美味しい店を探そうと思ったが、ここでも無理。
小田原城に行っているし、3日目の疲れも重なり、息切れや足腰の痛みも酷くなっている。
搭乗カウンターのある2Fから3Fに移動するのがやっと。
3Fでみつけた蕎麦屋に入る。


f0140087_15411457.jpg



More 美味しいものが食べられなかった旅行。
by kappa-999 | 2016-11-02 19:52 | ホームカミングデー




柴又帝釈天での食べたのは、川千屋の柳川鍋と高木屋老舗の草団子


f0140087_15363529.jpg


帝釈天の帰りに浅草の「駒形のどぜう」に寄ってみようかと思ったりしたが、
足腰の痛みが本格化しそうだし、寄り道は無理と思い、川千屋で柳川鍋を食す。



↓の高木屋老舗の草団子も甘くて美味しい。


f0140087_1536313.jpg




学食で食べた大隈定食。
私の時代に比べメニューも豊富だし栄養価も考えられていて美味しくなっている。


f0140087_15392680.jpg



小田原駅構内にある立ち食いそば形式のセルフの店で食べた
「冷やしきつねうどんと天麩羅そば」

移動に費やす時間を考えて十分な時間をとってあったのだが
ここ小田原でも小田原城見物するのがやっとで、小田原市街を散策する気力も湧いてこない。
せっかく小田原まで来たのに、見物もできず東京まで引き返す。
残念。


↓口にあい、結構、美味しかった。

f0140087_15401761.jpg



羽田空港で食べた蕎麦。

空港ビル内で美味しい店を探そうと思ったが、ここでも無理。
小田原城に行っているし、3日目の疲れも重なり、息切れや足腰の痛みも酷くなっている。
搭乗カウンターのある2Fから3Fに移動するのがやっと。
3Fでみつけた蕎麦屋に入る。


f0140087_15411457.jpg






by kappa-999 | 2016-11-02 00:00 |   おでかけ・ドライブと食事

第51回ホームカミングデー 記念式典
http://www.quon.asia/yomimono/waseda/home-coming-day/


f0140087_1126552.jpg



f0140087_11262482.jpg




f0140087_1127124.jpg


総長式辞

f0140087_11271557.jpg


招待年次代表挨拶

f0140087_11273152.jpg


校友会代表幹事挨拶

f0140087_11274837.jpg



校歌斉唱だが、50年も歌わなければ忘れてしまっている。
まともに歌えるのは1番だけ。


f0140087_11281025.jpg






f0140087_11303864.jpg


西武新宿から電車で高田馬場に行き、そこからバスかタクシーで大学に行く予定で
少し早くホテルを出たのだが、疲れがとれていなかったのだろう、ほんの少し歩いただけで、
息苦しくなり、足腰も痛くなりはじめたので、ホテルの前でタクシーをひろい大学へ直行する。
式典の始まる1時間15分も前に着いてしまった。
ゆっくりと大学まで行きたかったのだが・・・



f0140087_1133086.jpg



大隈講堂から見る早稲田キャンパス

50年も経つと樹木が生い茂り、建物が隠れてしまい見えない。
当時は広いと思っていたキャンパスだが、狭くなったように感じてしまう。
我々の時には、奥の建物が共通教室で、語学の授業を受けた建物。


f0140087_11331755.jpg



↑は式典が始まる前のキャンパス。↓は式典が終わった後のキャンパスでごった返している。


f0140087_11333452.jpg




手前の建物が法学部だった。その奥が政治経済学部の建物だったが高層ビルに建て替えられている。
手前の建物だけが昔の面影を残している。


f0140087_11363562.jpg



右側奥が私の学んだ商学部の校舎だが、高層ビルに建て替えられている。
左側奥の高層ビルは何学部なのだろう。
教育学部のあった位置だが。


f0140087_1137236.jpg


f0140087_11431362.jpg




第二学生会館があった場所で、授業料値上げ反対デモ(150日間)のあと閉鎖されてしまった。
当時は一番新しい建物だったように記憶している。
友人に聞くと、建替えられて今は第二大隈会館になっているという。


f0140087_11464174.jpg





親しかった友人達と大隈講堂の前で待ち合わせる。
5年ぶりに会うが、みんな元気である。

手っ取り早いので学食で食事をすることにする。
食事をしながら3時間ほど過ごす。


大隈ガーデンハウスという洒落た名前の建物が大隈庭園内に建てられていた。
このガーデンハウスの2Fと3Fに学食がある。


f0140087_1448141.jpg


f0140087_14483138.jpg

↑わりかし美味しかった大隈定食。

50円、70円で食べられたのが50年前の学食。
(喫茶店でコーヒーが50円から100円くらいだった時代)


2011.10.16 45年次のホームカミング・デー


More 2016.10.23 ホームカミングデー後記
by kappa-999 | 2016-11-01 00:22 | ホームカミングデー