足腰の痛みが和らいでいたので、道の駅”神山”までドライブ。
昨年の10月以来のドライブ。
桜は、まだ。

土曜日なので何時もより客は多いが、混雑するほどではなかった。
興味を引く物もないので、いつもの天ぷら蕎麦を食す。


f0140087_17343443.jpg



f0140087_17364394.jpg




休み休みだが、三本足で店舗内を歩くが、体がふらつく。弱っている。
足腰の痛みで動けなかったのが災いしたのだろう、筋力が大分落ちている。

2月のように、横になっても、仰向けになっても激痛が走るような状態ではないが
ベットから起き上がるときに激痛が走り、ベットから降りるのに難儀する。

お昼ごろには痛みも和らいでくるので、大分楽にはなっている。
痛みが和らいでいる時には、体を少しでも動かさねば、寝たきりになってしまう。

自分の足で動かなければ・・・・・





# by kappa-999 | 2018-03-24 18:13 |   おでかけ・ドライブと食事 | Trackback | Comments(2)




手入れをしなくなった庭で咲くのは、鉢植えか、宿根草や多年草などが残り、手入れ不要の花だけに。
撮る花が年々少なくなるが仕方がない。


f0140087_20390781.jpg



f0140087_20385655.jpg



f0140087_20391699.jpg



f0140087_20392588.jpg




できるだけ庭に出ることにしているが、荒れてしまった庭を見るのは辛いものがある。
風は強いが、そんなに寒くはない。

”リョウ”は庭に出たがっているが、二日続きの雨で庭は乾いていないので出せない。
ドロンコの足で部屋に入られたら、たまったものでないので出さず。

先週は連日病院通いだったが、4/2まで検査はないので今週は気分は楽。
4/17が手術、それまで娑婆でゆっくりできる。







# by kappa-999 | 2018-03-22 22:54 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)




年々、小さくなっていくムスカリ。

花言葉は、「通じ合う心」「失望」「失意」「絶望」「寛大な愛」「明るい未来」


f0140087_21263699.jpg


ほぼ満開の雪柳。

花言葉は、「愛嬌」「気まま」「自由」「殊勝」「静かな思い」

f0140087_21224070.jpg


出かける前は蕾だった水仙、帰宅したら満開に。

花言葉は、「うぬぼれ」「自己愛」「エゴイズム」   (白)「神秘」「尊重」

f0140087_21255304.jpg



鉢植えの椿が一輪。

花言葉は、「理想の愛」「謙遜」「控えめな美点」


f0140087_21205598.jpg



散り始めた白梅。

花言葉は、「高潔」「上品」「忍耐」「忠実」「独立」「厳しい美しさ」「あでやかさ」   (白)「気品」


f0140087_21212511.jpg



満開になったヒマラヤユキノシタ。

花言葉は、「深い愛情」「情愛」「秘めた感情」「順応する」「忍耐」「切実な愛情」

f0140087_21230346.jpg







# by kappa-999 | 2018-03-14 21:58 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)



予約時間(12:00)より40分ほど早く病院に着いてしまう。
問診票を書き、検査室に。
まず、血糖値の検査、
150以上の場合は写りが悪くなるために中止になるらしい。
朝6時から絶食しているためか血糖値は107。

体重をはかり、検査着に着替え、
造影剤の注射。

この造影剤は放射性同位元素が入った放射性物質。
放射能が出るため、
注意書には
「検査終了後はどこにもよらずに帰宅してください。
人混みは避けてください。
乳幼児や妊婦には近づかないでください。」とある。


PET検査に用いるFDGからは放射線(γ線)が放出されますので、
検査を受けることで、わずかではありますが、被ばくします。(PET検査 1回:約2.2msv)

しかし、その量は、地球上で普通に生活していて1年間に受ける放射線の量(1人あたり 約2.2msv/年間日本平均)とほぼ同じと考えられ、
PET検査による被ばくは、人体にほとんど影響がないと言われています。 
出典:http://www.pet-net.jp/pet_html/treat/radioactivity.html 


f0140087_17081364.jpg




造影剤の注射が終われば、30分程度ベッド安静に。
その間にペットボトル500mlの水を飲む。
安静が終われば、トイレを済まし造影室に入る。

大きさは通常のCTより少し大きいくらいか、形状は同じ。
造影終了まで20分くらいかかる。

普通のCTの場合には、「息を吸って止めて」とか指示されるが、
PET-CTは無言のまま造影していく。
足から頭の方向へと動いていく。
何回か定位置で数分間止まり、頭がドームから出たとこくらいで終了。

造影が終わったあとは、30分ほどの休憩を取らされ解放される。
造影する時間よりも安静にしている時間の方が長い不思議な検査。

この造影剤、保険適用前は10万円(心筋シンチも同じ値段)と高価だったが、
保険適用になり3割負担で3万円、1割、2割負担で1万円、2万円になり日本の保険制度はありがたい。

朝6時から絶食のため、帰りに「はやしのお好み焼き」を食そうと思っていたが、コンビニ弁当で済ます。
帰宅すると、保育園が早く終わったのだろう娘が孫を連れて来ていた。
娘と孫は来たばかりだったのだが、直ぐ帰らせる。

体調に変化なし。

14日は、造影CTとPET-CTの検査結果の説明。
まだまだ、検査は続く。



f0140087_00060420.jpg









# by kappa-999 | 2018-03-13 00:04 | 健康@河童




ショボクなってから撮ったクリスマスローズ。
気が付いたときに撮ればいいのだが、何日か経ってから思い出したように撮るから
ショボイ写真しか撮れない。

花言葉は、「不安を取り除いて下さい」「スキャンダル」「追憶」「中傷」「慰め」
 

f0140087_20160066.jpg



f0140087_20161525.jpg



f0140087_20162652.jpg




ヒイラギナンテンが咲き始めていた。
芳香を漂わせる花だが、まだ匂わない。

花言葉は、「激しい感情」「激情」「愛情は増すばかり」
 


f0140087_20314435.jpg





今日は12:00からPETーCT。
ほぼ肺がんと確定しているのに検査、検査と続く。
幸か不幸化か、リンパ節への転移はなそうである。
74歳にもなればポンコツ。次々と悪いところが出てくるのは当たり前だが嫌になってくる。

次は、入院して内視鏡検査、肺がんの種類を決めるために必須の検査だという。
外来でも可能だが、血をサラサラにする薬を飲んでいるので休薬する必要があるとか。
約1週間、ヘパリンの点滴を続けなければならない。
何回目の入院になるだろうか、厭き厭きしている。
暫く、”リョウ”とも遊べない。

手術にたどり着くまで、まだまだ時間がかかりそうである。
待つのはシンドイ。

死に至る病は癌だけではない。じたばたしてもはじまらない。
相対的生存率5年。二人の叔父のように1年で死ぬこともある。人それぞれ違う。
人生には自分ではどうしようもないこと、どうすることもできないことがある。

なるようにしかならない。





# by kappa-999 | 2018-03-12 00:00 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

2018.03.11 枯れ枝で遊ぶ




悪戯はするが、可愛いシェルティです。
人見知りをするが、遊び好き。
思っていたより大きいが、この犬を選んで正解だった。


f0140087_22124519.jpg



f0140087_22123491.jpg



f0140087_22125326.jpg



f0140087_22131969.jpg



f0140087_22133091.jpg



f0140087_22133929.jpg



f0140087_22134920.jpg



f0140087_22135893.jpg




今、”リョウ”にわかる言葉は、待て、座れ、よし、ハウス、ごはん。
臥せを教えようと思っている。








# by kappa-999 | 2018-03-11 00:05 |   愛犬”リョウ”の記録 | Trackback | Comments(0)




カミサンが友人から貰ってきたヒマラヤユキノシタが、”リョウ”に踏みつけながらもなんとか花を咲かせた。
気きずくのが遅くガードするのが少し遅かったが。



f0140087_18433628.jpg



f0140087_18434590.jpg



f0140087_18435739.jpg




庭中を走り回って花壇を荒らす”リョウ”だが、いたずら盛りだからしょうがない。
家の中も外も滅茶苦茶 103.png


f0140087_18554396.jpg






# by kappa-999 | 2018-03-10 00:05 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

2018.03.09 ミニ水仙




一時は花壇一面に咲いていたミニ水仙。
手入れができなくなり、今では鉢植えのこの水仙だけに。

花言葉は、「うぬぼれ」「自己愛」「エゴイズム」  (黄)「私のもとへ帰って」「愛に応えて」


f0140087_18262944.jpg



f0140087_18265054.jpg





足腰の筋力が低下しているために、庭に出るのも億劫になるが、
ふらつきながらでも、一日一回は庭に出ることを心掛けている。
早く二本足で歩きたいが
もとに戻るには、歳をとっているだけに長期戦に。




# by kappa-999 | 2018-03-09 18:32 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)



昨日の続き。

コード類のようなものが好みらしく、充電中の携帯のコードを4回、扇風機のコード、アンカのコードが噛まれ
私のカーデガン2枚、家内のカーデガンに穴をあけられ、編み棒などなど。 
”リョウ”のいたずらで、被害甚大。
悪戯をする時期だから仕方がないが・・・・

いまコヤツの関心は、家内のマフラー(”はるか”にも狙われている)、注意しなければ。
彼らの興味の対象になるものを油断して置いておけない。



f0140087_01004788.jpg


f0140087_01005761.jpg


f0140087_01042635.jpg


f0140087_01002926.jpg


f0140087_01001956.jpg






現在の”リョウ”
大きくなりました。


f0140087_01070620.jpg




生後5ヵ月頃の”リョウ
子犬の頃は可愛い。


f0140087_01063402.jpg




被写体が、我家の庭に咲く花(その花もなくなってきている)、庭に飛んでくる鳥、
”リョウ”や”はるか”など自分の周りにあるものしかないのが辛い。
元気になって飛び回りたいものだ。

明日は整形外科を受診。
あれほど痛かった痛みが、歩いても痛くないので手術を断ろうと思っている。
それにしても、パンパンに浮腫れた足の浮腫みがなくなると痛みもなくなったのが不思議。
脊柱管狭窄症以外にも痛みの原因あるのだろうか。

痛みに変わって腰が怠くて歩くのに難儀するが、
これは今まで体を動かせなかっことによる筋力の低下だろう。
時間はかかるが、リハビリで取り戻せるだろう。

3/2に3ヵ月ぶりに散髪、さっぱりして気分もよい。






# by kappa-999 | 2018-03-05 00:01 |   愛犬”リョウ”の記録 | Trackback | Comments(0)





6/1生まれの”リョウ”
体重6.5kg、食欲旺盛、糞も健康的で元気に成長している。
シェルティは1年で成長が止まるので、それ以降は体重増加に気を付ける必要があり、
食事も今までの7割程度に減量する必要があるとか。
肥満大敵のシェルティ。



f0140087_19175749.jpg



f0140087_19181091.jpg



f0140087_19183225.jpg



f0140087_19182107.jpg



立金花を踏み荒らしている。

f0140087_19190027.jpg



f0140087_19192055.jpg







我家の一員になって3ヵ月の頃の”リョウ”。
子犬、子犬らしかった”リョウ”、このころは庭に出るのを怖がる臆病な犬だった。
今では窓を開けると、制止を振り切って庭に飛び出している。


f0140087_19275899.jpg






# by kappa-999 | 2018-03-04 00:05 |   愛犬”リョウ”の記録 | Trackback | Comments(0)